【スパイツ】地ビール醸造所で食事やツアーを楽しもう

ダニーデンのスパイツビール醸造所旅行

ダニーデンの地ビール【スパイツ】醸造所

ダニーデンのビールといえば昔からスパイツ

町の中心から歩いて5分ほどの近い場所に、醸造所があります。

敷地内では、以下の施設やアクティビティーが楽しめますよ。

【スパイツエールハウスの楽しみ方】

  • 美味しい食事とビールが堪能できるレストラン
  • オリジナル商品が買えるお土産屋さん
  • 人気のビール醸造所見学ツアー

この記事では、ダニーデンのおすすめのスポット、スパイツ醸造所のレストランやショップをご紹介します!

スポンサーリンク

スパイツエールハウスでビールと食事を楽しもう

ダニーデンのスぺイツ醸造所 レストランの看板

スパイツ醸造所に併設のレストランは

Speight’s Ale House
スパイツエールハウス

さっそく中に入ってみましょう!

ダニーデンのスぺイツ醸造所 レストランの内部バー

入って正面

レストランの真ん中にバーエリア

があります。

ダニーデンのスぺイツ醸造所レストラン

中はとっても広くて、テーブル席がたくさんありますよ。

ダニーデンのスぺイツ醸造所 レストランの内部席

ちょっとおしゃれな背が高めのテーブル席も。

テーブル席から、テレビでラグビー観戦もいいですね。

ダニーデンのスぺイツ醸造所 レストランで飲める生ビール

生ビールや、アルコール入りサイダー

など、飲み物の種類もとっても豊富!

ダニーデンのスぺイツ醸造所 レストランの中のオブジェ

醸造所で使われていたタンクでしょうか?

ドーンと壁に飾られています。

ダニーデンのスぺイツ醸造所 レストラン内部

バーの奥に、ゆったり食事のできるテーブルエリア

があります。

左手にある階段から、2階のテーブル席へも上がれますよ。

ダニーデンのスぺイツ醸造所 メニュー

さて、ランチメニューを開くと

  • おいしそうな食事
  • それぞれの料理に合ったおすすめのビール

が書かれているので、ついついビールを頼みたくなってしまいます!

ウェブサイトに食事メニューのページがあったので、リンクを載せておきますね。

ダニーデンのスぺイツ醸造所 生ビール

まずはスパイツ名物、生ビールからいかがでしょうか?

この大きさは

ハンドル

といいます。

小さなサイズ(スモールグラス)もありますよ。

ダニーデンのスぺイツ醸造所 チキンバーガー

ナイフの突き刺さったチキンバーガー

チップス付きでボリューム満点!

ダニーデンのスぺイツ醸造所 ベジタリアン串焼き

ベジタリアンの串焼き
サツマイモのチップス付き

食事は量が多く、味も最高でした!

海外の雰囲気を楽しみながら、生ビールやニュージーランドのお料理を堪能してくださいね。

スパイツのグッズはお土産にぴったり!

ダニーデンのスぺイツ醸造所 工場ツアーの入り口

レストランから出て坂を少しのぼったところに、スパイツのお土産屋さんがあります。

日本に持って帰りたくなるグッズがたくさんありますよ。

ダニーデンのスぺイツ醸造所 ショップの中

Tシャツやジャケット

どれも落ち着いた色合いなので性別、年齢を問わず似合いそうです。

ダニーデンのスぺイツ醸造所 ショップで売っているグラス

Speight’sの名前入りビールグラス

もおしゃれ!

ダニーデンのスぺイツ醸造所 ショップ

カジュアルなトレーナー

種類がたくさんありますよ。

ダニーデンのスぺイツ醸造所 持ち帰りビール

お店の中にはビンや缶のビールが売られていますが、注目は

持ち帰り用のビールサーバー

ダニーデンのスぺイツ醸造所 持ち帰りビールの入れ物

購入方法は、まず好きな大きさの容器を選びます。

  • 1.25 リットル
  • 2.5 リットル

そしてお店のスタッフに、欲しい銘柄を伝えればOK!

ダニーデン滞在中に飲む分にちょうどよさそうです。

ダニーデンのスぺイツ醸造所 湧き水が持ち帰れるところ

外に出るとお店のすぐ横には

湧き水が出る蛇口

があります。

こちらの記事↑でも少し紹介しましたが、この地域には

Toitu Stream
トイトゥ ストリーム

と呼ばれる小川が、昔から流れています。

現在、川は地面の下を流れていますが、スパイツではこの湧き水をビールに使っているんですよ。

ダニーデンのスぺイツ醸造所  湧き水

無料で美味しいお水がくめる

ので人気があって行列ができていることも。

スペイツビール工場のお水

蛇口がありますが、実はお水は左上の黒いボタンを押すと出るようになっています

ダニーデンスパイツ工場の湧き水の蛇口

この蛇口はまわせません〜。

スパイツビール工場の湧き水

この黒いボタンを押すと水が一気に出ます。

もしペットボトルをお持ちなら、ぜひ満タンにして飲んでみてくださいね!

時間があればビール工場ツアーもおすすめ!

ダニーデンのスぺイツ醸造所 工場ツアーの看板

先ほどご紹介したお土産屋さんの中で

醸造所見学ツアー

を申し込めます。

1番人気の90分のツアーの内容

  1. 醸造所内を英語ガイド付きで60分たっぷり見学した後
  2. 30分のテイスティング付き!

ツアーの時間や料金は、以下を参考にしてくださいね。

ツアー時間10月1日~3月31日12pm, 2pm, 4pm, 5pm, 6pm, 7pm
4月1日~9月30日12pm, 2pm, 4pm
料金(2020年2月現在)大人30ドル
子供(5~17才)14ドル

参考:スパイツ公式サイト

90分のツアー以外に

  • 60分(見学45分+テイスティング15分)のツアー
  • ランチやディナー付きのツアー

もあります。

キティとジンジー
キティとジンジー

スパイツについて詳しくなれるので、ダニーデンで時間があれば参加してみてね!

ダニーデンのスぺイツ醸造所 工場ツアーのテイスティングルーム

こちらがテイスティングルーム

生ビールのサーバーがありますね、いかにも美味しそう!

ツアーは、オンラインでも申し込めますよ。

サイトに書かれていた注意点から、何点かご紹介します。

  • 18歳以上に見えない場合は、IDを求められることがあります。

日本人は若くみえるので、写真付きIDを持っていた方がよいかもしれません。

  • ツアーの始まる15分前に到着しましょう。
  • サンダルではなく、足が隠れて歩きやすい靴で参加してください、とのことです。

スパイツの歴史は?

ダニーデンのスぺイツ醸造所 外の写真

最後に、スパイツビールの歴史を少しご紹介しますね。

スパイツは

  • ジェームス・スパイツさん
  • チャールズ・グリーンスレイドさん
  • ウィリアム・ドーソンさん

によって、1876年に設立されました。

140年以上もの歴史があるビール会社です。

ダニーデンのスぺイツ醸造所 設立日

工場の壁を見てみたら

1876年設立を記す看板

がありました。

1887年になるとスパイツは、ニュージーランドでもっとも大きなビール工場になります。

当時は、オーストラリア、フィジーやタヒチにも輸出されていたそうです。

1977年からは、ラグビーのスポンサーにもなり

ラグビーといえばスパイツ

といわれ始めます。

スパイツエールハウスのレストランは、1999年にオープンしました。

現在実は、スパイツは日本のキリンに買収されて

今はキリンの傘下

にあるんですよ。

エールってどんなビール?

スぺイツゴールドメダルエール

スパイツビールの代表作はゴールドメダルエール

日本では、エールはあまりなじみがないかもしれません。

一言でいうと

【エールとラガーの違いは?】

  • エールは、濃い味わいで苦味が強い芳醇旨口(ほうじゅんうまくち)のビール
  • ラガーは、日本で人気のある淡麗辛口(たんれいからくち)のビール

作り方は、以下のように異なっています。

エール歴史は古い上面発酵発酵の温度 高い(20~25度)発酵の期間(短い、3〜4日熟成は2週間)
ラガー歴史は新しい下面発酵発酵の温度 低い(0~15度)発酵の期間(長い、7〜10日熟成は1ヵ月)

参考:ビール女子(https://beergirl.net/beer-beginner-guide-03_c/
リカーページ(http://liquorpage.com/lager-ale-difference/

とはいえ、スパイツのゴールドメダルエールは、どちらかといえばラガーに近い感じ。

それほど苦くなく、軽く飲めますので、ぜひお試しくださいね!

スパイツのラインナップ

今では

【スパイツのラインアップ】

  • 本格的なエール
  • 軽めのラガー
  • 女性に人気のサイダー(アルコール入り)

など15種類以上もそろっています。

興味のある方は、下のページでどんなアルコールがあるのか紹介されていますので、ぜひチェックしてみてください!

スパイツのコマーシャル動画

スパイツは、地元のスーパーラグビーチーム

ハイランダーズ

のスポンサーになっていて、CMも放送されています。

ここで、スパイツのCMをふたつご紹介しますね。

最初は、ラグビーの日本代表チームで活躍の

田中史朗選手が出演のCM

ダニーデンのハイランダーズでプレーされていたときのCMです。

選手たちの、お茶目な一面が見られますよ(*^^*)

下のCMは最初、「何のこと?」となってしまいます。

でも見ていると、エンディングの意外性がすてきです。

140年以上と歴史も古く、魅力たっぷりのダニーデン人に愛されている地元ビールのスパイツ

町の中心からも近いので、時間があればぜひ訪れてみてくださいね!

スパイツの詳細

レストランの営業時間は、毎日

レストランの営業時間

11時45分~14時00分
17時00分~21時00分

専用駐車場がないので、近くの路上パーキングメーターを利用してくださいね。

住所200 Rattray St, Dunedin
電話03 477 7697(ニュージーランド国内から)
+64 3 477 7697(日本の電話から)
ウェブサイトhttps://thealehouse.co.nz/
フェイスブックhttps://www.facebook.com/SpeightsAleHouseDunedin/
インスタグラムhttps://www.instagram.com/speightsnz/
YouTubehttps://www.youtube.com/user/speightsbrewery
ツイッターhttps://twitter.com/SpeightsBrewery

【グーグルマップ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました