2021年のブレディスローカップは8月開催!日程やメンバー・放送予定を紹介

2021年のブレディスローカップは8月!日程やメンバー・放送予定を紹介ラグビー
この記事のまとめ

2021年に開催されるブレディスローカップは8月7日から28日9月5日の3試合と発表されました。

 

そこでこの記事では、ブレディスローカップの日程や日本での放送、メンバーなどについて情報を随時アップデートしてご紹介します

【8月28日更新】ニュージーランドのデルタ株アウトブレイクにより、日程が大きく変更になっています。3戦目まで日程が確定したのでアップデートしました。

オールブラックスの情報をメインにお伝えしています😊

2021年ブレディスローカップの日程と時間

2021年ブレディスローカップの日程と時間

今年のブレディスローカップは全部で3戦、8月から9月にかけて行われます。

さっそく試合日程と開始時間をごらんください😄

ブレディスローカップ1戦目

8月7日(土曜日)
NZ時間7.05PM(日本時間 4.05PM)
オークランド イーデンパーク
(収容50,000人)

1戦目は33-25でオールブラックスの勝利!

1試合目ハイライト映像

ブレディスローカップ2戦目

8月14日(土曜日)
NZ時間7.05PM(日本時間 4.05PM)
オークランド イーデンパーク
(収容50,000人)

2戦目はパンデミックの影響で日程と場所も変更になりましたが、無事オークランドで試合が行われました。

2試合目の結果は57-22でオールブラックスが2戦連勝。

ブレディスロー杯をキープしました。

2試合目ハイライト映像

3戦目はコロナの影響で日程の変更に時間がかかりましたが、ついに決定!

ブレディスローカップ3戦目

9月5日(日曜日)
NZ時間6.00PM(日本時間 3.00PM)
パース オプタス・スタジアム 
(収容60,000人)

参考:オールブラックス公式サイト

最終的にはオーストラリアとニュージーランドの新型コロナの状況により、最初の日程から2試合目と3試合目の日付と場所が変更。

オークランドで2週連続試合、そして9月5日にパースでの対戦となりました。

この3戦目に関して、実は両国間でのもめごとが勃発

最初の変更では8月28日にパースで3戦目と決まっていました。

しかし隔離施設以外ではコロナフリーだったニュージーランドで、8月17日にデルタ株による市中感染が確認。

18日から全国でロックダウンとなります。

そのため、オーストラリアはニュージーランドからの入国制限を厳しく変更。

パースで試合ができるのか、また選手たちがどれくらい隔離期間が必要なのか不明になってきました。

これを受け、NZラグビー協会はオールブラックス選手のウェルフェアのため、ラグビーチャンピオンシップ全部の日程が決まるまで、出発を延期したんです。

これがワラビーズのデイブ・レニー監督を激怒させます。

「オーストラリア代表チームのメンバーは、ABsが出発しなかったことをSNSで知った、こちらに相談もなしにどういうことだ!

ワラビーズのなかにはもう8週間以上家族から離れている選手もいるんだぞ!」

参考:Stuff:NZ Rugby boss hits back at claims from angry Wallabies coach Dave Rennie

NZラグビー協会も彼の発言に意見したりして物議をかもした末、試合は9月5日、パースで開催となりました。

オールブラックスの選手たちも8月26日ニュージーランドを出発し、パースに到着しています。

オークランド空港から出発の様子↓

ということで、最終戦はさらにヒートアップしそうな雰囲気

そして2・3試合目は、南半球の強豪4ヵ国が戦う【ザ・ラグビーチャンピオンシップ】という大会に組み込まれていますよ。

2021年のラグビーチャンピオンシップの全日程もまとめているので、よかったらご覧ください。

↑目次に戻る

スポンサーリンク

ブレディスローカップ2021の出場メンバー

ブレディスローカップ2021の出場メンバー

3試合目の出場選手が発表されましたらアップデートします😊

オールブラックスのブレディスローカップ、ラグビーチャンピオンシップへのトラベリングスコッドは次のように発表されました。

オールブラックスラグビーチャンピオンシップ2021スコッド

出典:オールブラックスツイッター

次の3選手は、お子さんがまもなく誕生ということで、ニュージーランドに残っています。

  • サム・ホワイトロック選手
  • アーロン・スミス選手
  • リッチー・モウンガ選手

そしてラグビーチャンピオンシップ中のキャプテンに選ばれたのは、アーディ・サヴェア選手!

実力はもちろんのこと、物静かな中にも闘志を感じ、またいつもトークがすばらしい選手で、本当に適任だと思います😊

副キャプテンには日本から帰国組のレタリック選手とバレット選手。

経験豊富なレタリック選手、いつも冷静なバレット選手とともに、いいトリオ!

3人でリーダーシップを発揮してチームを引っ張ってくれることでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2試合目の出場選手は次のようになっていました。

【2戦目】オールブラックスマッチデー23

2021年ブレディスローカップ2戦目オールブラックスメンバー

引用:オールブラックスツイッター

1戦目からの変更は、体調を崩していたスコット・バレット選手が再びベンチ入り。

アントン・レイナートブラウン選手が膝を負傷のため、リーコ・イオアネ選手がセンターに。

セヴ・リース選手が左ウィングに移り、ウィル・ジョーダン選手が14番で先発でチーム入りです。

またTJ・ペレナラ選手がリザーブ入り、日本での活躍以来のプレーを見られるのが楽しみです!

【2戦目】ワラビーズマッチデー23
横にスライドすると全選手がみられます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Wallabies(@wallabies)がシェアした投稿

1試合目のメンバーとの比較はこちら。

【1戦目】オールブラックスマッチデー23

ブレディスローカップ2021年1戦目オールブラックスメンバー

引用:オールブラックスツイッター

スコット・バレット選手は体調不良でパトリック・トゥイプロトゥ選手に変更。

試合直前にデイン・コールズ選手が負傷し、サミソニ・タウケイアホ選手に変更になりました。

【1戦目】ワラビーズマッチデー23

2021年ブレディスローカップ1戦目ワラビーズメンバー

引用:ワラビーズツイッター

ワラビーズのゴールドのジャージかっこよかった!

今年のオールブラックス36選手については、こちらをご覧ください😊

↑目次に戻る

2021年ブレディスローカップ日本での放送

ブレディスローカップ2021日本での放送

ブレディスローカップは今までJSPORTが配信していましたが、2021年はWOWOWでの放送になります。

8月9日現在、WOWOW公式サイトで発表されている内容をまとめました。

【1戦目】日本での放送予定

放送日: 8月7日(土曜日)

午後3:50 生放送

WOWOWプライム・WOWOWオンデマンド

解説:大西 将太郎さん
実況:住田 洋さん

【2戦目】日本での放送予定

放送日: 8月14日(土曜日)

午後3:45 生放送

WOWOWオンデマンド
解説:菊谷崇さん
実況:赤平大さん

【3戦目】日本での放送予定

放送日: 9月5日(日曜日)

午後2:45 生放送

WOWOWオンデマンド

最新の情報や詳しい内容は、WOWOW公式サイトをチェックしてくださいね。

WOWOWの申込みはこちら

↑目次に戻る

スポンサーリンク

ブレディスローカップの意味や対戦成績

ブレディスローカップの意味や対戦成績

ブレディスローカップってどんな大会?

ブレディスローカップとは、ニュージーランドとオーストラリアのラグビー代表チームによる国際対抗試合です。

ブレディスローカップで対戦する国
  • ニュージーランド代表チーム
    【オールブラックス】
  • オーストラリア代表チーム
    【ワラビーズ】

ブレディスローカップは歴史の古い伝統的なテストマッチで、始まりは1931年のこと。

大会の名前は、1931年に優勝カップを授けた

Lord Bledisloe
ブレディスロー卿

という、当時のニュージーランド総督にちなんでつけられました。(下の写真)

 

ブレディスローカップの意味

出典:NZ History:Lord Bledisloe

毎年3〜4戦が行われ、ワールドカップの開催年には2戦になります。

今までの対戦結果は?

ニュージーランド48勝
オーストラリア12勝

ご覧のように、ニュージーランドが大きく勝ち越しているんですよ。

【8月14日更新】2021年のブレディスローカップはニュージーランドが2勝で優勝しました。

昨年のブレディスローカップのうち、NZでの試合についてはこちらの2記事で紹介しています😊

ブレディスローカップは通常、ニュージーランドかオーストラリアで試合が行われます。

でも過去には、次の場所でも対戦!

  • 香港:2008年、4試合目が開催
  • 日本:2009年、東京で4試合目が開催
  • 日本:2018年、横浜で3試合目が開催

2018年の試合は、アジア初の日本でラグビーワールドカップ開催の前年、ということで特に注目されていました。

10月28日、日本代表の試合ではないにもかかわらず、横浜の日産スタジアムには約46,000人ものファンが集まったんです。

 

対戦結果は…

NZ37-AU20でオールブラックスの勝利!

 

2020年はトップリーグで有名な選手がたくさんみられましたが、また日本でブレディスローカップ開催してほしいなぁ。

↑目次に戻る

まとめ

ブレディスローカップ2021年のまとめ

この記事では、2021年ブレディスローカップについて、試合日程や時間、出場メンバーや日本での放送についてお伝えしました。

全3試合の予定をまとめると次のようになります。

ブレディスローカップ1戦目

8月7日(土曜日)
NZ時間7.05PM(日本時間 4.05PM)
オークランド イーデンパーク

 

【日本での生放送予定】

WOWOWプライム・WOWOWオンデマンド

放送日: 8月7日(土曜日)
午後3:50
解説:大西 将太郎さん
実況:住田 洋さん

ブレディスローカップ2戦目

8月14日(土曜日)
NZ時間7.05PM(日本時間 4.05PM)
オークランド イーデンパーク
(収容50,000人)

 

【日本での生放送予定】

WOWOWオンデマンド

放送日: 8月14日(土曜日)

午後3:45

解説:菊谷崇さん
実況:赤平大さん

ブレディスローカップ3戦目

9月5日(日曜日)
NZ時間6.00PM(日本時間 3.00PM)
パース オプタス・スタジアム 
(収容60,000人)

 

【日本での生放送予定】

WOWOWオンデマンド

放送日: 9月5日(日曜日)

午後2:45

変更が相次ぎましたが、3戦目はどんな戦いになるのか、今から楽しみです!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました