2022年最新版!【オールブラックス】日本戦を含めた北半球ツアーのメンバー発表

【オールブラックス】2022年日本戦を含めた北半球ツアーのスコッド発表!ラグビー
この記事のまとめ

オールブラックスが再び日本にやってきます!

 

そこでこの記事では、10月9日に発表になった、日本代表戦を含む北半球ツアーに臨むメンバー35選手を一覧リストでご紹介。

 

日本代表戦には誰が選ばれるのかな〜などと想像しながら、ご覧ください😊

オールブラックス2022年北半球ツアーのメンバー35選手

オールブラックス2022年に本戦を含めた北半球遠征のメンバー

出典:オールブラックスツイッター

今回はサプライズ選出や初選出の選手もなく、ラグビーチャンピオンシップのメンバーからそれほど変更はありませんでした。

大きな注目ポイントであった、ダミアン・マッケンジー選手は選ばれす

オールブラックスXV(いわゆるBチーム)に入り、ゲームタイムを与えるのではないかと思われます。

【10月23日更新】

オールブラックスが日本へ出発前に大きな変更がありました!

オールブラックスのメンバー2022年

もう1点話題になっていた、アントン・ライナートブラウン選手はオールブラックススコッドに復帰!

それでは、2022年のオールブラックスノーザンツアーに参加する選手リストをご覧ください♪

↑目次に戻る

【フォワード】

2022年オールブラックスの日本戦を含めた北半球ツアーメンバー

まずフォワードのメンバー19名からご紹介します!

フッカー:3選手

選手名年齢SRチーム州チームテストキャップ数
デイン・コールズ35ハリケーンズウェリントン84
サミソニ・タウケイアホ25チーフスワイカト17
コーディ・テイラー31クルセイダーズカンタベリー72

プロップ:6選手

選手名年齢SRチーム州チームテストキャップ数
ジョージ・バウアー30クルセイダーズオタゴ19
イーサン・デグルート24ハイランダーズサウスランド10
ネポ・ラウララ31ブルーズカウンティーズ・マヌカウ42
タイレル・ローマックス26ハリケーンズタスマン20
フレッチャー・ニューウェル22クルセイダーズカンタベリー4
オファ・トゥンガファシ30ブルーズノースランド48

ロック:4選手

選手名年齢SRチーム州チームテストキャップ数
スコット・バレット28クルセイダーズタラナキ55
ブロディ・レタリック31チーフスホークス・ベイ98
トゥポウ・ヴァアイ22チーフスタラナキ15
サム・ホワイトロック33クルセイダーズカンタベリー140

ルースフォワード:6選手

選手名年齢SRチーム州チームテストキャップ数
サム・ケイン
(キャプテン)
30チーフスベイ・オブ・プレンティ85
シャノン・フリゼル28ハイランダーズタスマン21
アキラ・イオアネ27ブルーズオークランド19
ダルトン・パパリイ24ブルーズカウンティーズ・マヌカウ18
アーディ・サヴェア28ハリケーンズウェリントン67
ホスキンス・ソトゥトゥ24ブルーズカウンティーズ・マヌカウ12

↑目次に戻る

【バックス】

2022年オールブラックスのノーザンツアーに参加のメンバーは?

続いてバックスのメンバー16名をご紹介します!

ハーフバック:3選手

選手名年齢SRチーム州チームテストキャップ数
フィンレイ・クリスティ27ブルーズタスマン12
フォラウ・ファカタヴァ22ハイランダーズホークス・ベイ2
アーロン・スミス33ハイランダーズマナワツ111

ファースト・ファイブエイス:3選手

選手名年齢SRチーム州チームテストキャップ数
ボーデン・バレット31ブルーズタラナキ109
リッチー・モウンガ28クルセイダーズカンタベリー41
スティーブン・ペロフェタ25ブルーズタラナキ1

ミッドフィルダー:5選手

選手名年齢SRチーム州チームテストキャップ数
ブライドン・エノー25クルセイダーズカンタベリー5
デイヴィッド・ハビリ27クルセイダーズタスマン21
リーコ・イオアネ25ブルーズオークランド56
アントン・ライナートブラウン27チーフスワイカト56
ロジャー・トゥイヴァサ・シェック29ブルーズオークランド2

アウトサイドバックス:5選手

選手名年齢SRチーム州チームテストキャップ数
ジョーディー・バレット25ハリケーンズタラナキ45
ケイレブ・クラーク23ブルーズオークランド11
レスター・ファインガヌク22クルセイダーズタスマン2
ウィル・ジョーダン24クルセイダーズタスマン21
セヴ・リース25クルセイダーズタスマン21

このメンバーが日本にやって来るんですね!

ジョーディー・バレット選手はアウトサイドバックとして選出されていますが、ワラビーズ戦ではNo.12で活躍したので、再びセカンドファイブとしてプレーする可能性も大!

今回のスコッドのなかで、今年オールブラックス初選出になった選手については、以前に次の記事で紹介しているのでぜひご覧ください♪

(タップで別記事に飛びます)

残念ながら、次のプレーヤーはケガのため選考に含まれていませんでした。

  • イーサン・ブラックアダー選手
  • ジャック・グッドヒュー選手
  • ジョシュ・ロード選手
  • ジョー・ムーディー選手
  • クイン・トゥパエア選手

参考:オールブラックス公式サイト:All blacks unveil 35 players for northern tour

試合に向けて、ニュージーランド国歌やハカも覚えてみませんか?

↑目次に戻る

オールブラックス2022年ノーザンツアーの試合スケジュール

オールブラックス2022年ノーザンツアーの試合スケジュール

オールブラックスは2022年のノーザンツアーで、4代表チームと対戦!

  1. 日本代表
  2. ウェールズ代表
  3. スコットランド代表
  4. イングランド代表

日程や試合会場の予定は次のようになっています。

日本代表戦

10月29日(土)
NZ時間 6.50PM
日本時間 2.50PM
日本
国立競技場

東京

1戦目は日本代表チームと対戦!

ウェールズ代表戦

11月6日(日)
NZ時間 4.15AM
日本時間 0.15AM
ウェールズ
プリンシパリティ・スタジアム

カーディフ

そしてヨーロッパに移動し、ウェールズ代表と試合です。

スコットランド代表戦

11月14日(月)

NZ時間 3.15AM
日本時間 13日 11.15PM

スコットランド
マレーフィールド・スタジアム
エジンバラ

11月半ばにはスコットランド代表チームと対戦

イングランド代表戦

11月20日(日)

NZ時間 6.30AM
日本時間 2.30AM

イングランド
トゥイッケナム・スタジアム
ロンドン

最後は前回のワールドカップで負けてしまったイングランド代表戦

どれも目が離せない試合です!

↑目次に戻る

イアン・フォスターヘッドコーチの言葉

オールブラックス2022年北半球ツアーのメンバー35選手

今回の北半球遠征メンバーについて、イアン・フォスターヘッドコーチは次のように語っています。

ノーザンツアーは常にオールブラックス・テストマッチカレンダーのハイライトであり、今年も例外ではありません。

ワールドカップまで1年を切りました。

この遠征は、ラグビーチャンピオンシップを戦った我がチームが、さらに成長するすばらしい機会となるでしょう。

北半球で大きなテストマッチの数々を経験し、来年のフランスを見据えた準備をしたいと思います。

また、オールブラックスXV (フィフティーン)の存在が、さらに多くの選手たちの成長を助けてくれると信じています。

(オールブラックスXVのメンバー発表は10月10日)

オールブラックスは10月10日以降ネルソンで3日間のキャンプを行い、その後北半球へ出発です!

↑目次に戻る

オールブラックス対日本代表の過去の戦績

 

10月29日の日本代表vsオールブラックスにワクワク感が高まっている方も多いのではないでしょうか?

このカードの過去対戦成績は次のようになっていますよ。

ジャパンvsニュージーランド対戦成績
  • 1987年10月:日本 0 – 74 NZ
  • 1987年11月:日本 4 – 106 NZ
  • 1995年6月:NZ 145 – 17 日本
  • 2011年9月:NZ 83 – 7 日本
  • 2013年11月:日本 6 – 54 NZ
  • 2018年11月:日本 31 – 69 NZ

両チームは6戦し、オールブラックスが6勝しています。

最初は点差も大きかったのですが、ジャパンはとても強くなってきて過去2試合は点差が縮まる一方。

今年のジャパンはオーストラリアAを相手に奮闘していますよね!

オールブラックスとどんな試合になるのか、そして日本代表はニュージーランド相手に快挙を成し遂げるのか…

まばたきをするのも惜しい試合になるでしょう!

過去の対戦成績についてはこちらの記事でもう少し詳しくご紹介していますので、チェックしてみてくださいね。

↑目次に戻る

まとめ

All Blacks Haka Translated | Ka Mate

この記事では、2022年のエンドオブイヤーツアーとして、日本・ウェールズ・スコットランド・イングランドと対戦するオールブラックスのメンバー35名をご紹介しました。

全選手で合計1,362テストキャップと圧巻!

来年はラグビーワールドカップの開催、オールブラックスはポジションやコンビネーション決定の最終段階に入っているといえるでしょう。

  • この遠征でどんな試合をするのか?
  • ポジション争いはどうなるのか?
  • そして来年のチームに誰が選ばれるのか…

大変重要なツアーになっています。

そして、4年ぶりの日本代表対オールブラックスは大変な盛り上がりになること間違いなし!

目が離せない10月末からの北半球ツアーを応援して観戦を楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました