【2020年 Bledisloe Cup 第2戦】オールブラックスの出場選手や注目ポイントは?

【2020年 Bledisloe Cup 第2戦】オールブラックスの出場選手や注目ポイントは?ラグビー

ブレディスローカップ先週末の第1戦は、まさに死闘の末16対16の引き分け

特に最後の約9分間は、ハラハラドキドキされた方も多かったのではないでしょうか?

2020年のブレディスローカップはニュージーランドで2戦、オーストラリアで2戦の合計4試合が行われます。

そして18日、日曜日にはオークランドで第2戦目が開催。

そこでこの記事では、次のような内容をご紹介します。

試合が始まる前にぜひご覧ください😊

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブレディスローカップ2試合目の日程や放送は?


1試合目では、上の動画のようにTJ・ペレナラ選手がリードし、サム・ケインキャプテンが先頭に立つ今年初のハカ「カ・マテ」も迫力満点でした

さて、第2戦の時間や日本での放送は次のとおりです。

スタジアムはほぼ満員のようです!

ニュージーランドではSky Sportsで生中継。

ブレディスローカップ2戦目

10月18日(日曜日)
4.00PM(日本時間 12.00PM)
オールブラックスvワラビーズ
オークランド イーデンパーク
(収容50,000人)

 

【日本での放送予定(生放送)
配信期間 : 10月18日(日)

オールブラックスのイアン・フォスター監督は、2試合目に向けて次のようにコメントしています(要約です)

先週末は新チーム初のテストマッチということで、特にセットプレーを含め試合の行方がとても楽しみでした。

しかし思ったようにいかなかった点もあり、たくさんの課題がみつかりました。

勝利するにはボールを持ったときにもっと賢く動き、そして防御に集中することが必要です。

課題をふまえ、今週の準備はとてもうまくいったと思います。

今回の試合はニュージーランドで最後のテストマッチ、ファンは熱狂しているでしょう。

ファンの期待に応えるためにも、わたしたちは日曜日が待ちきれません。

2試合目どんなドラマがあるのか、今から楽しみでなりません!

↑目次に戻る

オールブラックスのブレディスローカップ2戦目出場選手は?

ブレディスローカップ2020年2戦目のオールブラックスチーム

出典:All Blacksツイッター

2戦目のチームは、前回より5つのポジションで変更がありました

ABs5ポジションの変更点
  1. フッカーはデイン・コールズ選手がスターティング、コーディ・テイラー選手が控え(前回と先発・控え入れ替わり)
  2. サム・ホワイトロック選手は脳しんとうの検査のため欠場、トゥポウ・ヴァアイ選手が5番に
  3. センターはアントン・レイナート・ブラウン選手が先発、リーコ・イオアニ選手はリザーブに
  4. ジョージ・ブリッジ選手は残念ながらジムでケガ、ケイレブ・クラーク選手が左ウイング先発
  5. ボーデン・バレット選手がフルバック(ケガは大丈夫かな?)先発、ダミアン・マッケンジー選手は控えに

オールブラックス リーコ・イオアニ選手 ブレディスローカップ

出典:RNZ

第1試合で痛いノー・トライとなってしまったリーコ選手はリザーブに入っていますよ。

では出場選手のご紹介、ポジションの呼び方はニュージーランド流です😊

ポジション選手名キャップ数
1、ルースヘッドプロップジョー・ムーディ(クルセイダーズ)47
2、フッカーデイン・コールズ(ハリケーンズ)70
3、タイトヘッドプロップオファ・トゥウンガファシ(ブルーズ)36
4、左ロックパトリック・トゥイプロトゥ (ブルーズ)31
5、右ロックトゥポウ・ヴァアイ(チーフス)1
6、ブラインドサイドフランカーシャノン・フリゼル(ハイランダーズ)10
7、オープンサイドフランカーサム・ケイン(キャプテン)(チーフス)69
8、ナンバーエイトアーディ・サヴェア(ハリケーンズ)45
9、ハーフバックアーロン・スミス(ハイランダーズ)93
10、ファーストファイブリッチー・モウンガ(クルセイダーズ)18
11、レフトウィングケイレブ・クラーク(ブルーズ)1
12、セカンドファイブジャック・グッドヒュー(クルセイダーズ)14
13、センターアントン・レイナート・ブラウン(チーフス)44
14、ライトウィングジョーディー・バレット(ハリケーンズ)18
15、フルバックボーデン・バレット(ブルーズ)84
16、リザーブ・フッカーコーディー・テイラー(クルセイダーズ)51
17、リザーブ・ルースヘッドプロップアレックス・ホッジマン(ブルーズ)デビュー
18、リザーブ・タイトヘッドプロップネポ・ラウララ(チーフス)27
19、リザーブ・ロックスコット・バレット(クルセイダーズ)36
20、リザーブ・ルースフォワードホスキンス・ソトゥトゥ(ブルーズ)1
21、リザーブ・ハーフバックTJ・ペレナラ(ハリケーンズ)65
22、リザーブ・アウトサイドバックリーコ・イオアネ(ブルーズ)30
23、リザーブ・ユーティリティバックダミアン・マッケンジー(チーフス)24

参考:All Blacks : ALL BLACKS TEAM FOR SECOND BLEDISLOE CUP MATCH

こちらのリンクから、ブレディスローカップ2戦目の公式プログラムが見られますよ

↑目次に戻る

オールブラックス2戦目の見どころは?

ブレディスローカップ2020年2戦目オールブラックスの見どころ

出典:All Blacks 公式プログラム

2試合目も見どころがたくさんですが、個人的に注目しているポイントを3つご紹介します。

【ケイレブ・クラーク選手】初のテストマッチスターティングメンバー!

ブレディスローカップ第1戦ではリザーブで出場したクラーク選手が、今回は先発(左ウイング)です

プレッシャーがとても大きな試合ですが、最初からどんなプレーを見せてくれるのか楽しみ。

パワフルな走りに期待しましょう!

そして、同じく1戦目はベンチからスタートしたトゥポウ・ヴァアイ選手も今回は先発(ロック)です。

彼は2000年1月27日生まれ、20歳のオールブラック!

ヴァアイ選手は、ABs史上初、2000年以降生まれの選手なんですよ

フロントローのポジション争い!

フロントローは主に控え選手を中心に、1試合目から大きな入れ替わりがありました

フッカーは、前試合控えに入っていた写真のデイン・コールズ選手が今回は先発。

そしてスターティングメンバーだったコーディ・テイラー選手がリザーブです。

またルースヘッドプロップの控えは1戦目のカール・トゥイヌクアフェ選手に変わり、写真のアレックス・ホッジマン選手がデビュー

オールブラックス新選出の選手について、こちらの記事で紹介しています😊

そして先週急きょ個人的な理由で欠場となったネポ・ラウララ選手(タイトヘッドプロップ)がリザーブ入りし、ティレル・ロマックス選手はチームから外れています。

どの選手が出場しても強い層の厚さと、きっ抗するポジション争いが感じられます

スクラムにも注目!

【バレット3兄弟】ふたたびそろってチーム入り!

そしてブレディスローカップ2戦では、4ヶ月の足のケガから復帰したスコット・バレット選手が出場

ボーデンもアキレス腱のケガがよくなったようですね。

ボーデンはオールブラックスの歴史上、オーストラリア戦でもっとも得点している選手

過去のオーストラリア戦でなんと合計144点を決めています。

参考:All Blacks:A RIVALRY IN NUMBERS: ALL BLACKS V AUSTRALIA

スコットはベンチからのスタートですが、3人そろってピッチに立つ姿がまた見られるかと思うとワクワクします

上の動画は、インタビュアーが最近赤ちゃんが誕生したバレット選手に、

父親になって、人生に対する気持ちや考え方が変わりましたか?」

と聞き、答えようとしたときにマッケンジー選手が横から

全然変わってないよね

とすかさず口をはさみ、みんなが爆笑の場面です😂

なんだか仲がよさそうで、ほっこりしました。

↑目次に戻る

ブレディスローカップ第2戦も目が離せない!

ワラビーズが過去最後にオールブラックスをオークランドのイーデンパークで破ったのは、1986年9月6日。

つまり、ニュージーランド代表はイーデンパークで34年間オーストラリアに負けていないことになります

先週は新監督デイブ・レニー氏率いるオーストラリアがかなり押している印象を受け、最後まで本当に勝敗がわからない試合でした。

さて、今回ニュージーランドでは2020年最後のブレディスローカップ戦、オールブラックスはイーデンパークでの記録を更新できるのでしょうか

どんな熱い戦いになるのか、今からドキドキしますが楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました