ダニーデンの【オタゴ大学】はニュージーランドで一番古い大学

オタゴ大学はニュージーランドで一番古い大学旅行

ダニーデンのオタゴ大学

ダニーデンは人口の約20%を学生が占める学生の町ってご存じでしたか?

ダニーデンの人口は約13万人、その内の約2万5千人が学生さんです。

高校や専門学校もありますが、多くは町の中心にある

オタゴ大学

の学生です。

ダニーデンの中心部にキャンパスが広がるオタゴ大学は、町のシンボル

当記事ではオタゴ大学

【記事の内容】

  • 歴史や学部
  • メインキャンパスの様子
  • おすすめ写真スポット

などを写真付きでたっぷりとご紹介します!

スポンサーリンク

オタゴ大学の歴史

オタゴ大学は、1869年の創立で

ニュージーランドで最も古い大学

創立者はスコットランドからの移住者

トーマスバーンズ

Thomas Burns
トーマス・バーンズ

さん、彼は牧師でもありました。

大学の設立に尽力したトーマスさん、しかし残念ながら開校直前に亡くなってしまいます。

オタゴ大学の学部は?

オタゴ大学は4つの大きな学部があり、その中でさらに細かい学科に分かれています。

【オタゴ大学4つの学部】

  • 人文学部(Division of Humanities)
  • 健康科学部(Division of Health Sciences)
  • 理学部(Division of Sciences)
  • 商学部(School of Business)

4つの学部の中でも特に有名なのは

健康科学部の医学部と歯学部

優秀なお医者さんを多数輩出している大学です。

ではキャンパス内に入ってみましょう!

オタゴ大学メインキャンパスの様子

オタゴ大学 入り口の看板

オタゴ大学はいろいろなところから入れます。

中でも1番のおすすめは、下の地図に示した

Cumberland Street
St David Streetの角

の正門です。

おすすめの理由は、入り口のすぐ右手に大きな石の看板があるからです。

大学名が英語とマオリ語で書かれているのが印象的。

このおもむきある看板には、ダニーデンの北にある町

オアマルでとれる石灰岩

が使われ、上品で重厚な雰囲気をかもし出しています。

看板をバックにして立って写真を撮ると、とてもかっこいいですよ!

お土産探しにぴったり【ビジターセンター】

オタゴ大学 ビジターセンター

看板のすぐ後ろには

Visitor Centre
ビジターセンター

スタッフに大学の情報をたずねたり、ロゴが入った大学グッズが買えます。

ゆっくり中をごらんくださいね。

ビジターセンターの営業時間

セメスター中の平日 9:00am–4:30pm

土曜日 10:30am–3:00pm

日曜 お休み
セメスター期以外は土日お休み

2020年のセメスター期間についてはこちらをクリック

カレンダーのブルーがセメスター期間です。
オタゴ大学 ビジターセンターの商品

オタゴ大学 ビジターセンターで売っているグッズ

ダニーデンのあるオタゴ地方のカラーは

ブルーとゴールド

オタゴカラーの

  • Tシャツ
  • リュックサック
  • スポーツバッグ
  • 帽子

などお土産にいかがでしょうか?

オタゴ大学 ビジターセンターで売っている文房具

オタゴ大学のロゴ入り文房具も充実です。

オタゴ大学ビジターセンターの内部

大学の案内パンフレットも手に取ってみることができます。

オタゴ大学 看板

ビジターセンターを出て中に進んでいくと

キャンパスの地図

があります。

ご覧のようにキャンパスは本当に大きく、町の中心部北側に広がっているんです。

歴史を感じる【クロックタワー】

オタゴ大学 時計台遠くから見たところ

門を入ってまっすぐ歩いていくと、正面には大学でもっとも有名な建物

Clocktower
時計台

のある校舎が見えてきます。

クロックタワー・ビルディングは大学内で1番古い建物

スコットランドのグラスゴー大学のビル

をモデルとして設計されました。

正面に時計台が見える場所は、大学内で1番のおすすめ写真スポット!

中庭を囲む【クロックタワー周辺の建物】

オタゴ大学 時計台近くから

オタゴ大学のキャンパス内は、古い建物からモダンな建物までさまざまです。

中でも必見はやはり

時計台と周辺の古い建物

です。
オタゴ大学 キャンパス内部

時計台の建物の周りには、同じ様式で建てられた校舎が点在しています。

オタゴ大学の歴史を感じる建物

歩くとまるで昔の町にタイムスリップした感じですよ。

オタゴ大学 スタッフカフェ

上の建物は

Staff Club
スタッフ クラブ

といって、学生・先生や職員のカフェ、レストランの建物です。

オタゴ大学の建築様式は?

ダニーデンの町には数多くの美しい

ビクトリア様式
エドワード様式

の建築物が多く見られます。

その中でもオタゴ大学の時計台とそのまわりの建物は、ダニーデンを代表する

ネオ・ゴシック建物

ネオ・ゴシック建築の特徴

  • 高い塔
  • 尖塔アーチ(頭がとがった梁)

などです。

キティとジンジー
キティとジンジー

ロンドンのビッグベンも同じ建築様式だよ。

黒い玄武岩
白いオアマル産の石灰岩

のコントラストが大変美しいので、中庭を含めてたっぷりお楽しみください。

学生いこいの場【リース川】

オタゴ大学 リース川

キャンパス内には

Leith River
リース川

が流れています。

オタゴ大学のリース川

セメスター中は、学生たちがこの川沿いでのんびりしている姿を見かけます。

オタゴ大学の【寮やチャイルドケアセンター】

オタゴ大学 キャンパス内の建物

こちらは

Selwyn College
セルウィン カレッジ

という学生寮です。

ニュージーランドでは大学1年目は寮に入ることが多いです。

そして2回生からは大学周辺の家を数人で借りて

Flatting
フラッティング

共同生活をする人が増えます。

まさに学生時代といった感じで楽しそうですよね!

ダニーデンにはオタゴ大学の寮が15個もあるんですよ。

参考リンク>>>オタゴ大学の寮のウェブサイト

オタゴ大学 チャイルドケアセンター

キャンパス近くには上記のような建物の

Childcare Centre
託児所

があって、学生や職員が利用できるシステムがあります。

オタゴ大学には若い学生だけではなく、結婚している人、働きながら学んでいる人も多いんです。

参考リンク>>>チャイルドケア施設のウェブサイト

オタゴ大学のまとめ

ダニーデンにあるオタゴ大学はキャンパスが

クライストチャーチ
ウェリントン

にもあり、190を超える学科で国内、国外の学生が学んでいます。

特に医学部は優秀ということで、世界的にも知られています。

キャンパス内はとても活気にあふれた雰囲気

夏の間は観光のお客さんもたくさん訪れられます。

ダニーデンに来られた際はぜひ、オタゴ大学を訪れてみてくださいね。

住所362 Leith Street
North Dunedin
電話0800 80 80 98 (ニュージーランド国内)
+64 3 479 7000 (日本の電話から)
ウェブサイトhttps://www.otago.ac.nz/
Eメールuniversity@otago.ac.nz
フェイスブックhttps://www.facebook.com/otagouniversity
インスタグラムhttps://www.instagram.com/universityofotago/
ツイッターhttps://twitter.com/otago

コメント

タイトルとURLをコピーしました