【Otago Museum(オタゴ博物館)】無料エリアを詳しくご紹介

オタゴ博物館の無料エリアをご案内
スポンサーリンク

150万点もの展示物を所蔵する

  • オタゴ博物館

は、1868年に開館したダニーデンの博物館です。

今年2018年に開館150周年を迎えます。

町の中心から歩いて約20分オタゴ大学に隣接する博物館は

無料のエリアと
有料のエリア

に分かれ、生物、自然、人、科学などの多岐にわたった展示が行われています。

この記事では無料のエリアについて、詳しくご紹介しますね。

キティとジンジー

キティとジンジー
行く前に読むと、訪れた際に「何階に何が展示されているのか」が分かりやすいと思うよ!

オタゴ博物館の外観とGround Level(1階)

オタゴ博物館 外の広場

オタゴ博物館の前には、大きな芝生の広場があります。

オタゴ博物館 正面の広場

暖かい日には近くのカフェでコーヒーやランチをテイクアウトして、ここで食べるのもおすすめですよ。

オタゴ博物館 外の看板

入り口の前には、博物館の看板があります。

日本語で「ようこそ」と書かれていますね(*^^*)

オタゴ博物館 外観

博物館の入り口です、さっそく入ってみましょう!

オタゴ博物館 正面入ったところ

入り口を入るとご覧のように正面に

受付兼

インフォメーションコーナー

があります。

オタゴ博物館 入り口のモア

右手には

大きな「モア」

ニュージーランドの飛べない鳥

の像が、あたなを迎えてくれます!

オタゴ博物館 ギフトショップ

左手には

ギフトショップ

日本へのお土産にぴったりのものがたくさんありますよ。

オタゴ博物館 カフェ

モアの像の裏側には

カフェ

があって、温かい食べ物、サンドイッチ、お菓子、飲物などがそろっています。

オタゴ博物館 募金箱

博物館の入館は無料です。

でも募金はいつもWelcomeで、5ドル募金して頂ければうれしいです、とのこと。

受付には英語の館内案内のパンフレットがありますので、是非一部もらいましょう!

オタゴ博物館 トイレ

階段の右手には

大きな魚の模型とトイレ

がありますよ。

このユーモラスな姿の魚は「サンフィッシュ」。

1960年に実際にオタゴ湾で見つかった魚の大きさの模型です。

深いところを泳いで体が冷えた後は、太陽で温まるように水面に横向きに浮かぶことから「サンフィッシュ」と呼ばれています。

キティとジンジー

キティとジンジー
背びれの形から、サメにも間違われるんだよ。

階段ー「エドモンド・ヒラリー卿展示コーナー」

オタゴ博物館 エドモンドヒラリー卿コレクション

館内にはエレベーターも完備されていますが、階段では

Sir Edmund Hillary stairwell collection

エドモンド・ヒラリー卿のコレクション

が見られます。

1953年5月29日、テンジン・ノルゲイさんと共に

エベレストの人類初登頂に成功したエドモンド・ヒラリー卿

数々の私物は彼の家族によって寄贈され、どれも必見です。

オタゴ博物館 地図 Ground Level

パンフレットの地図でまとめてみると

  • Entrance ー 入り口
  • Shop ー ギフトショップ
  • Cafe ー カフェ
  • 4 - エドモンド・ヒラリー卿 階段の展示

1、2、3は会議室です。

Level 1(2階)

オタゴ博物館 ホール部分

では続いて2階部分をご紹介しますね。

Pacific Culturesー太平洋地域の文化

オタゴ博物館 Pacific Cultures

2階にはまず

Pacific Cultures

太平洋地域の文化

の展示場があります。

ニュージーランドは太平洋の島々とたいへん深いつながりがあるんですよ。

どのあたりの地域かというと。。

太平洋の地図

出典:Wikipedia

  • ポリネシア

ニュージーランドを含む、紫の大きな3角形地帯

  • ミクロネシア

ピンクの地域

  • メラネシ

フィジーなど濃いブルーの地域

このオセアニア地域を知るための、合計1071もの展示品があります。

オタゴ博物館 太平洋の展示物 オタゴ博物館 サモア

こちらはサモア、トンガ、ニウエの展示です。

オタゴ博物館 ハワイ

こちらはハワイについての展示コーナーです。

私たち日本人にはあまりなじみのない地域ですが、ニュージーランドに来られた機会に是非ご覧になって下さいね。

Tāngata Whenuaー地元マオリ族の展示物

オタゴ博物館 Tangata Whenua展示コーナーの名前

Tāngata whenua

タガタ フェヌア

はニュージーランドの先住民マオリの言葉で、地元民、先住民という意味です。

この展示では、南島のマオリ族

Ngāi Tahu(ナイタフ)」

についての歴史や文化を知ることができます。

オタゴ博物館 マオリ族の建物

マオリの人々がどこからやって来たのか、詳しいことはわかっていません。

しかし、約1000年ほど前にカヌーに乗ってはるばる海を渡り、この地に来たと言われています。

オタゴ博物館 マオリ属に関する展示物

見どころは

  • 約17メートルの大きな「Waka(ワカ)」、彼らが乗るカヌー
  • 集会所の模型
  • 集会所に飾る像

オタゴ博物館 グリーンストーン
そして

  • Pounamu (Greenstone)

ポウナム、グリーンストーン

という、マオリの人々が宝物として扱ったきた緑の翡翠(ひすい)

を見ることができます。

Special Exhibitions Galleryー特別展示ギャラリー

オタゴ博物館 特別展示室

同じく2階には

Special Exhibitions Gallery

特別展示ギャラリー

があり、今は「Est.1868」展が行われています。

1868年に開館、今年9月の開館150周年を祝って博物館の力を総動員し

  • Biggest

一番大きな展示物の数々

  • Smallest

一番小さな展示物

  • Rarest

一番珍しい展示物

などが様々なジャンルから集められています。

オタゴ博物館 Est展示

こちらの特別展示は、2019年4月14日までです。

Tūhuraーサイエンスセンター(有料展示場)

オタゴ博物館 サイエンスセンター入り口そして2階には

サイエンス(科学)センター

プラネタリウム

熱帯地方の蝶々とのふれあい

が体験できる展示スペース(有料)があります。

オタゴ博物館 サイエンスセンター

また別の記事で詳しくご紹介したいと思います!

オタゴ博物館 地図 Level1

地図で見ると

  • 6-特別展示ギャラリー(現在はEst. 1868展)
  • 7-太平洋の文化展示コーナー
  • 8-南島のマオリ族の歴史と文化コーナー
  • 10、11、12,13-サイエンスセンター、プラネタリウム

Level2と3(3階と4階)

3階と4階は、2階分を使っての大きな展示場になっています。

展示場の中でつながっているので、ぐるっと1周して見ることできます。

無料展示スペースの中では、一番おすすめ

のエリアなので、たっぷり時間をとってご覧になって下さいね。

Southern Land, Southern Peopleー南方の土地、南の人々

オタゴ博物館 Southern Land Southern People

Southern Land, Southern People

南方の土地、南の人々

と名付けられた展示コーナーでは

オタゴ博物館 マオリの像

このマオリのおじさんの像が入り口に立って、迎えてくれます。

中はとても広くて

  • モア
  • 化石
  • 地層
  • 植物
  • ゴールドラッシュ時代の金
  • 建築に使われた石

など

ニュージーランドの南部の気候、景色、歴史、人を知るため

の、ありとあらゆるものが展示されています。

オタゴ博物館 大きなモアの骨

こちらは絶滅してしまった、巨大な鳥

  • モア

の骨です。

オタゴ博物館 モアの説明 オタゴ博物館 モアの骨

モアはこんなに大きな足で、空は飛ばずに地上を歩いて生活していたそうです。

オタゴ博物館 ハーストイーグルの骨

こちらも絶滅した世界で一番巨大なワシ

  • ハーストイーグル

の骨です。

オタゴ博物館 ハーストイーグル説明

大きなものでは15キロ羽を広げると2~3メートルもあったそうです。

どうしてこんなユニークな鳥がニュージーランドに存在したかというと。。

ニュージーランドは

  • 周囲から隔絶した島で
  • 哺乳類は全くいませんでした。

そのため生態系は人がやってくるまで8千万年もの間、独特の進化を遂げていました。

天敵がほとんどいない鳥や魚は、どんどんと巨大になっていったんです。

しかしマオリの人々やヨーロッパ人がこの地にやって来て

  • 哺乳類動物を持ち込み
  • 森林を切り開き
  • 猟を行った

ことで、残念ながらこれらの生物はほとんどが絶滅してしまいました。

こちらも↓持ち込まれてきた動物ですが今ではNZを象徴する

オタゴ博物館 メリノの羊

オタゴ地方でたくさん飼われている、ウールをとるための

  • メリノ種の羊

はゴツゴツした岩肌のある山を好みます。

オタゴ博物館 金堀についての説明

オタゴ地方では1860年代以降、たくさんの金が発見されてゴールドラッシュがおこりました。

オタゴ博物館 オアマルの白い石灰岩 オタゴ博物館 黒い玄武岩 オタゴ博物館 建築物についての説明

一気に経済的に豊かになったダニーデンの町では、莫大な額のお金を使って

  • オアマルの白い石灰岩
  • 黒い玄武岩

を使った、ビクトリア様式などの豪華な建物が沢山建てられました。

オタゴ博物館 ダニーデンのビデオ
  • ダニーデンについての説明ビデオ

を見ることもできます。

その他にも

オタゴ博物館 大昔の海洋爬虫類

この地域にいた大昔の

  • 海洋爬虫類、プレシオサウルス
オタゴ博物館 オタゴ湾で見つかったサメ

オタゴ湾で見つかった

  • 大きなサメのあごの骨

も見られます。

Natureー自然

オタゴ博物館 オタゴについての説明

Nature

自然

のエリアでは

ダニーデンのオタゴ半島で見られる生物

が展示されています。

オタゴ博物館 オットセイ
  • ニュージーランドファーシールというオットセイや
オタゴ博物館 ペンギン
  • イエローアイペンギン

そして人間がオーストラリアから持ち込んだのに、数が増えすぎたために「害獣」となってしまった

オタゴ博物館 ポッサム
  • ポッサムです。

People Of The Worldー世界の人々

オタゴ博物館 People of the World オタゴ博物館 People of the World 入り口

People Of The World

世界の人々の展示コーナー

ニュージーランドだけではなく、世界中の人に関する展示物が見られます。

オタゴ博物館 小樽から寄贈された着物

こちらは

  • ダニーデンの姉妹都市、小樽の人々から贈られた着物です。
オタゴ博物館 日本の甲冑

こちらも日本から、甲冑ですね。

その他にも

  • 1894年に寄贈された、約2300年前のエジプトのミイラ

など

エジプト、ギリシャ、日本など多岐にわたる1682点もの展示物が見られます。

Maritime Galleryー海上、海洋ギャラリー

オタゴ博物館 海上展示物

Maritime Gallery

海上、海洋関係のギャラリー

には、オタゴ地域の海上の歴史を知ることができる展示品がたくさんです。

オタゴ博物館 船の展示物

主な展示物は、ダニーデンで1875年にできた

The Union Steam Ship Company (USSCo)

連合蒸気船会社

またの名を「南のタコ」と呼ばれた会社の展示物です。

このダニーデン生まれの会社は旅客船と貨物船を取り扱い、1914年には世界で1番大きな船会社に発展しました。

オタゴ博物館 蒸気船の展示物

展示物には

  • 17メートルもの大きさのクジラの骨
  • 62の船のモデル
  • 15の船のベル(鳴らしてOK!)

があり、船が好きな方にはとても興味深いと思います。

Level4(5階)

Level4はちょっと雰囲気が変わった展示場ですよ。

Animal Attic(屋根裏の動物たち)

「博物館の中の博物館」とも呼ばれる5階には

  • 2600もの動物の標本

が展示されています。

  • ライオン、鳥、クマ、サルなどの剥製

がいて、ちょっと薄暗いので怖い感じもします!

時間があれば是非行ってみて下さいね。

オタゴ博物館 地図Level2and3

地図で見てみると

  • 15-世界の人々展示
  • 16-海上関係のギャラリー
  • 17-南方の土地、南の人の展示
  • 18-自然の展示

赤字の階段かエレベーターで「屋根裏の動物コーナー」へ行けます。

オタゴ博物館の住所や詳細

オタゴ博物館 建物の中央から下を見たところ

無料なのに充実の展示物のオタゴ博物館、すべて見るには1時間~3時間くらいあればいいかと思います。

パンフレットより抜粋しました↓

  • 食べ物や飲み物を、展示場内には持ち込まないようにしましょう。
  • 2階、3階の吹き抜け近くにはテーブルや椅子があって、ここでは飲食OK
  • 写真撮影はOKですが、フラッシュは使わないようにしましょう。
住所419 Great King Street、Dunedin
開館時間毎日 午前10~午後5時
12月25日は休館
電話03 474 7474(NZ国内から)
+64 3 474 7474(日本の電話から)
ウェブサイトhttps://otagomuseum.nz/
メールmail@otagomuseum.nz
フェイスブックhttps://www.facebook.com/OtagoMuseum/
ツイッターhttps://twitter.com/otagomuseum
インスタグラムhttps://www.instagram.com/otagomuseum/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

セトラーズ博物館ダニーデン

【Toitu Otago Settlers Museum(トイトゥ・オタゴ・セト...