世界で最も珍しい種類!イエローアイドペンギンにダニーデンで会おう

ダニーデンのイエローアイドペンギン
スポンサーリンク

ダニーデンでは多くの野生動物が生息していますが、その中で最も絶滅の危機に瀕しているといっても過言ではないのが

Yellow eyed penguin

イエローアイドペンギン

この記事ではイエローアイドペンギンの特徴や絶滅の危機に瀕する原因、そしてダニーデンでペンギンツアーを行っている

Penguin Place

ペンギンプレイス

のツアー内容やツアー料金をご紹介します。

世界に1,600羽のみ!絶滅寸前のイエローアイドペンギン

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Penguin Place (@penguin.place) on


イエローアイドペンギンの日本名は

キンメペンギン

といいますが、最初に特徴からご紹介しますね。

イエローアイドペンギンは個人行動

 

キンメペンギンという名の通り

白目の部分が黄色く

大人になると目の周りから頭の後ろに黄色い線が入ります。

大人の体長は70cm、体重は5kgほどで見た目はわりと大きいです。

キティとジンジー

キティとジンジー
平均寿命は10歳~12歳、記録によると20歳くらいまで生きたペンギンもいるそうだよ。

 

  • ヒナの間は上の写真のように明るい茶色
  • 子供のペンギンは目と線が銀色っぽい

のが特徴です。

海の近くに巣を作り、朝に巣から出て2km~25kmの沖合まで泳いできます。

そして水深20〜160mまで潜って魚やイカなどを食べ、夕暮れ時に巣に戻ってきます。

性格は

視界に人間が入るだけでビーチに上がってこようとしないほど、非常に用心深い

んですよ。

ペンギンというとペンギンパレードのように集団でいるようなイメージがありますが、イエローアイドペンギンは集団では住まないペンギンです。

ツアーで見る際も1羽ずつです。

繁殖に関しては

  • 9月~10月になると、茂みの中の地面のくぼみに卵を2個産みます。
  • 卵はオスとメスが交互で温め、31日~51日くらいでふ化します。
  • ふ化してから約14週間、ヒナは2月頃に巣立っていきます。

ではどうして、イエローアイドペンギンは絶滅の危機に瀕しているでしょうか?

イエローアイドペンギンは後40年で絶滅してしまう?

 

イエローアイドペンギンは、大昔にニュージーランドや南米のあたりに住んでいた体長約2mの巨大ペンギンの子孫といわれています。

現在では

他に似ているペンギンの種類がない、世界中で最も珍しいペンギン

生息しているのはニュージーランドのあたりのみで、ペンギンの中で最も北に住んでいるのが特徴です。

現在では数が大変減ってしまって絶滅の危機に瀕し、保護動物に指定されています。

どれくらい数が少ないかというと、2019年現在で1,600羽を残すのみ。

数が激減している原因はこのようなことがあげられます。

【イエローアイドペンギンが絶滅の危機に瀕している原因】

  • 海水温の上昇
  • イヌやオコジョ(イタチ)による捕食
  • 漁業や海の汚染の影響
  • 伝染病や病気

天敵は海の中ではアシカ、サメ類、カマスなど、そして人間が持ち込んできたイヌ、ネコやイタチです。

ダニーデンのオタゴ半島にいるイエローアイペンギンは

90年代から比べて75%も数が減少

しており、後20年~40年で絶滅するのではないかと言われています。

野生のイエローアイドペンギンを見るならペンギンプレイス

イエローアイドペンギン (2)

絶滅してほしくないイエローアイドペンギンですが、ダニーデンで積極的に保護活動をしている場所があります。それが

ペンギンプレイス

ダニーデンの町の中心から車で約40分、ペンギンプレイスを訪れる町からのバスツアーも出ています。

ペンギンプレイスは、1991年から家族で行っている私有地でのペンギンツアーです。

キティとジンジー

キティとジンジー
もともとは羊牧場を営んでいたけど、イエローアイドペンギンが減少しているのを心配に思って、保護活動と資金を集めるためにツアーを始めたそうだよ。

ペンギンを見るツアーを行う他に、家族とスタッフはこんな活動をしていますよ。

【ペンギンプレイスの保護活動】

  • ペンギンの住み家の整備
  • 病気やけがのペンギンを自然保護庁と協力して手当
  • 害獣の駆除
  • ペンギンの研究

ペンギンプレイスでは90年代には30以上あった巣が、2018年にはたったの4つのみ。

2004年の春には深刻な伝染病が発症し、約60%のペンギンが死んでしまったそうです。

ペンギンツアーの概要

イエローアイドペンギン (5)

ではツアーについてご紹介しますね。

【ペンギンツアーについて】

  • ツアーは説明と見学を含めて約1時間30分です。
  • 夏でも寒くなることがあるので、厚手のジャケットを持っていくのがおすすめです。
  • 雨の場合は無料でカッパを借りることができます。
  • ツアーが始まるとトイレがないので、開始前に敷地内のトイレを使っておきましょう。
  • ビーチでは約1kmほど山道を歩きます。
イエローアイドペンギン (1)

ペンギンプレイスに到着すると、この大きな切り株の左側に駐車場があります。

イエローアイドペンギン (4)

車を止めたら、オフィスでチェックインをします。

売店にはペットボトルのお水、絵葉書、ちょっとしたお土産などが売っています。

トイレは駐車場からオフィスと逆に歩いて1分くらいの、少し小高くなったところにありますよ。

イエローアイドペンギン (11)

チェックインが終わったら、ツアー開始までオフィスのすぐ横の待合場所でパネルなどを見ながら時間を過ごします。

イエローアイドペンギン (3)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Penguin Place (@penguin.place) on

フレンドリーな猫や犬に会えるかも。

イエローアイドペンギン (6)

待合場所の壁に描かれたイエローアイドペンギンの絵。

イエローアイドペンギン (10)

ペンギンプレイスの歴史も紹介されています。

さてツアーの時間になったら、20人くらいまでのグループに分けられるので、担当のガイドさんについていきましょう。

最初にレクチャールームに座ってガイドさんが説明をしてくれます。

【レクチャールームでの説明内容】

  • ペンギンの種類や特徴
  • イエローアイドペンギンが絶滅の危機に瀕していること
  • ペンギンプレイスでの保護活動
  • ツアー中はフラッシュをオフにして下さいといった注意点

などが10分ほどあります。

そしてレクチャールームのすぐそばにあるホスピタルという施設で、病気やケガをしているペンギンを見学する時間です。

夏の間はだいたいペンギンがいると思いますが、冬はいないこともあると思います。

ペンギンはとても怖がりなので

  • 見るところのすき間から手やカメラを出さない
  • 声を出して話をしない

ということを守ってね、と言われます。

イエローアイドペンギン (12)

私が訪れた2月初めには30羽近くのペンギンが保護されていました。

多くは栄養失調のヒナで、魚をたっぷり与えて太らせてから海に返すということでした。

動画を撮ったのですが、ヒナはモコモコでとてもかわいかったです。

イエローアイドペンギン (14)

こちらは個室になっていて、深刻なケガや病気のペンギンたちが入れられています。

ペンギンプレイスでのホスピタルの手当の成功率は90%、ほとんどのペンギンが元気になって海に帰っていきます。

ホスピタルを見学したら、いよいよマイクロバスに乗り込んで5分ほどでビーチに到着です。

マイクロバスはとても古く、牧場の道はガタガタなので、しっかり窓などにつかまってくださいね!

イエローアイドペンギン (17)

マイクロバスがビーチ側に到着すると、ガイドさんを先頭にみんなで大自然の中を歩いて、ペンギンやオットセイを探します。

広大な私有地で一般の観光客は全くいないので、とてもスペシャルな感じです!

ただペンギンは時間帯によっては見られない場合があるので、おすすめは海から巣にかえって来る可能性が高い

夏は午後5時以降のツアー

(冬は午後3.45分発のツアーのみです)

です。

ペンギンを探すときは、ハイド(Hide)という目のところだけが開いた隠れ小屋のようなものに入ります。

これはペンギンから私たちの姿が見えないようにするためです。

お天気がいい日だと、太平洋の素晴らしい眺めも堪能できますよ!

1kmほどガイドさんと歩いたら、またマイクロバスに乗ってオフィスに戻りツアーは終了です。

ツアーの時間と料金

ウェブサイトではオンライン予約ができないようなので、コンタクトのページから時間や空き状況を問い合わせてみてくださいね。

ウェブサイトに書かれているツアー時間や料金は以下のようになっています。

  • 夏(10月~3月)

ツアー出発 10.15am~6.45pm(90分)

  • 冬 (4月~9月)

ツアー出発 3.45PMのみ

大人$55
子供(5歳~17歳)$16
5歳未満無料
ファミリーパス(大人2人、子供3人まで)$120

もしくは町からの観光ツアーでペンギンプレイスが含まれるものもあるので、ダニーデンiSITEという観光案内所で尋ねるのもいいかと思います。

ペンギンプレイスの詳細

ペンギンプレイスはツアーに参加してもらうことで、ペンギンの保護活動を続けていくことができるそうです。

ですので、絶滅の危機に瀕するイエローアイドペンギンを守るためにも、ダニーデンに来られたらぜひ大自然いっぱいのペンギンプレイスを訪れてみてくださいね。

住所45 Pakihau Rd, Harington Point, Dunedin
電話03 478 0286(NZ国内から)
+64 3 478 0286(日本の電話から)
ウェブサイトhttps://penguinplace.co.nz/
Emailinfo@penguinplace.co.nz
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オタゴ大学はニュージーランドで一番古い大学

【オタゴ大学】はニュージーランドで一番古い大学

ダニーデンのセントクレアビーチ

ダニーデン【セントクレアビーチ】での散歩は最高!

カカポ

カカポに会えたよ!どんな鳥か詳しくご紹介

ダニーデンのスパイツビール醸造所

【スパイツ】地ビール醸造所で食事やツアーを楽しもう

ダニーデン町の中心部の観光

ダニーデン町の中心から歩いて行ける観光スポットのまとめ

オタゴ半島の観光

オタゴ半島にある観光スポットのまとめ