ニュージーランドで仕事への価値観が変わり人生気が楽になった話

ニュージーランドで仕事への価値観が変わり人生気が楽になった話オピニオン

先日ツイッターで、こんなつぶやきをしました。

この記事では、

仕事に関する自分の価値観が変わり、人生楽になったよ。

という経験をお伝えしたいと思います。

日本じゃありえない?NZなら結構普通にある仕事のこと

日本じゃありえない?NZなら結構普通にある仕事のこと

ツイッターにも書きましたが、NZに来たころは仕事に対するニュージーランド人の考え、というかNZのお国柄が衝撃的でした。

思い浮かんだ実例はこんな感じです。

  • カスタマーサービスに電話し、「折り返します」と言われたのに全然かかってこない。
  • 水道屋さんや電気屋さんはアポを忘れがち、予定変更もよくある。
  • 6時閉店のお店は5時50分にドアを閉めてお客さんは入られなくなり、6時ピッタリにクローズ。(中にいても、お店から出ていかないと申し訳ない雰囲気になります😂 )
  • 新築ビルは、できた部分からちょっとずつオープンする。
  • 会社員は金曜の昼からビール飲んじゃって週末気分。
  • ちょっとのカゼで休む。
  • 仕事が残っていても残業はしない、したら必ずその分お給料をもらう。
  • ラグビーやクリケット(NZで人気のスポーツ)の放送が夜中にあった週末後の月曜は病欠が多い。
  • 休みは好きなときにまとめてしっかり4週間とる。(引き継ぎはほとんどない。)
  • 自営業者、クリスマスは稼ぎ時でも家族優先で休む(これは私とニックのこと、また国際恋愛について書きたいと思います。)

ぱっと思いついただけでもこんな風なので、考えたらもっとありそうです。

最初は

仕事に対してなんてのんびりしていて自己中心、いい加減なん!

と理解できず、イライラ、怒りともどかしさがつのりました。

でも、今思い返せば、結局何とかなって、特に深刻な被害はないんです

よく考えたら、首相も産休とってるんですよね〜。

国民も、おおむね賛成だったような気がします。

そんな中、私が日本で当たり前に考えていた

  • 仕事はまじめに
  • サービス残業は当たり前
  • 期日は死守する
  • お客様は一番大事
  • しんどくても迷惑がかかるから休まない

という価値観もだんだん変わっていくようになります。

とはいうものの、職種によっては本当に困ることも…

これはちょっと困る!と思ったお医者さんの話

これはちょっと困る!と思ったお医者さんの話

私はオタゴ大学の医学部で事務職をしていたんですが、あせったことがありました。

それは、専門医がこぞって同じ時期に長期休暇をとること。

特に、スクールホリデー、年末年始、イースターといった長期休暇は、内科のお医者さんがいっせいに出かけてしまって、ジュニアドクターがアタフタ、なんてことも。

ある内科の先生は、長期休暇に行くとき、メールの自動返信に

今クイーンズタウンでスキーとワインを楽しんでいま〜す。

〇〇に帰りますが、休暇中に来たメールは全部削除するからね!

重要なメールだったら戻ってきてからもう一度送ってください。

もう、ここまできたらあきれるを通り越して、笑ってしまいました。

それに講義の予定を忘れて生徒さんが待ちぼうけ、ということもたびたび。

お医者さんは人の命を預かっているので、もうちょっとなんとかならないかな〜と思ったけど、合わせるしかないんですよね。

無理しなくても何とかなるんだね、と気が楽になった理由は?

無理しなくても何とかなるんだね、と気が楽になった

さて、ニュージーランドに来てから仕事に対する態度にびっくりすることだらけ。

しかし、徐々に慣れるにしたがい、気持ちに変化が起きてきました。

それは、

あれ、人も私に対して仕事をカリカリ一生懸命する期待をしていない?

ということに気づいたからです。

日本にいたころの私は、仕事は自分に厳しく、人にも厳しくという感じでした。

自分やほかの人のミスも許せなかったし、完璧になんでもやるべき、仕事もなまけてはいけない。

NZに来てからも最初は同じように考えていました。

なので、仕事のときはNZ人のゆるさや、のんびりさが耐えられなかった。

でも、一度、仕事で大きなミスをしたときに、上司は

No worries!

気にしなくていいよ〜、誰にでもミスはあるから

と笑って許してくれたんです。

そう、NZ人は自分に甘いところがあるけど、人にもいい意味でそこまで期待していない、と気づきました😂

その結果…人にも自分にもやさしくなれた

その結果…人にも自分にもやさしくなれた

NZでは、他人に無理ながんばりを期待していない。

それは仕事だけではなく、一般的なことにも言えます。

  • 英語が上手に話せない
  • スポーツが上達しない
  • なかなか痩せられない
  • 料理がおいしくできなかった

そんなとき、ニックはいつも

Don’t be hard on yourself.

(自分に厳しくしなくてもいいよ。)

と声をかけてくれます。

そう、無理をしなくても、急がなくても、カリカリしなくても、世の中何とかなるんです

ニュージーランドものんびりした人が多い中で、国は平和に機能しています。

もちろん改善すべき深刻な問題もあるのは事実。

でも、私のような一般市民がストレスをためて働いても働かなくても、大きな変化はないでしょう。

それからは私も、自分にプレッシャーを与えない、そして人が間違っても気にしない、寛大な気持ちで対応する

という風に変わっていったんです。

そうすると人生本当に気が楽になりました。

ちょっとやそっとのことではイライラしない新しい自分が誕生

決して日本悪いと言ってるのではありません。

私も日本に里帰りして短期で働いたときは、上司や職場の雰囲気に、速攻で適応しました。

ただ、環境で人の価値観は変わる、そして人は変われる、ということを学んだということです。

NZで仕事に対する価値観が変わって人生楽になった話のまとめ

ニュージーランド人の仕事に対するちょっとゆる〜い態度。

それは自分や家族を大事にし、人にやさしくなれる、フレンドリーでのんびりしたお国柄の一面なんだと思います。

もし、あなたが日本で窮屈な思いをしている、自分をがんじがらめにしてしんどい、そんなときは環境を変えるのもいいかもしれません。

今絶対だと思っている常識は、異なる環境だとまったく違うかもしれないからです。

私の場合は、そんな環境にまずやってきてから気づきました。

今なら、自分から新しい環境に身を移すのもいいのでは、と思います。

がんばりすぎなくていいんです

あなたががんばらなくても、よい意味で世の中たいがいのことはどうにかなるんですから

そのことをニュージーランドで身をもって経験しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました