ニュージーランドのスラングがたっぷりの本【The Godzone Dictionary】

ニュージーランドのスラングがたっぷりの本【The Godzone Dictionary】
スポンサーリンク

ニュージーランドで生活していると多くの

  • 独特の英語の表現
  • カジュアルなスラング
  • 辞書にも載っていない単語

に遭遇します。

そんな言葉初めて聞いた!

と言うと、キウィ達は無意識に使っている言葉なので

何がおかしいの?

と驚かれるのですが、実は

ニュージーランド人が使う、単語や表現を集めた一冊の辞書

ができていました。

この記事では、初めて耳にする表現もあるのではないかと思うものを

  • The Godzone Dictionary(神の国の辞書)

からいくつかご紹介します。

「The Godzone Dictionary」ってどんな本?

ニュージーランドのスラングがいっぱいの本The Godzone Dictionary

本を書いたのはニュージーランド人の

  • Max Cryerさん

もともと学校の先生で、テレビのクイズ番組の司会をしたり、沢山の本を書いている方です。

Max Cryerさん

出典:Localmatters

ニュージーランドに来る旅行者がたびたび驚いたり、困惑する

ニュージーランド独特の言い回し単語マオリ語

AからZまで順番に紹介している、190ページの本です。

題名の「Godzone」というのは「God’s Own Country(神の恵みの国)」という意味で色んな国を表すのに使われていますが

ニュージーランド人は、100年以上も自国をこのように表現しているそうです。

「Godzone」を広めたのはニュージーランド第15代首相の

Richard John Seddonさん

彼は1906年にオーストラリアからニュージーランドに帰ってくる際、

今から「神の恵みの国」に帰ります。」と電報を打ったそうです。

でも皮肉なことに彼は130キロの巨漢で健康状態も良くなく、電報を送った次の日に60歳の若さで亡くなってしまいます。

そんなニュージーランド人が親しみを込めて呼ぶ「Godzone」の言葉がたくさん詰まった本です。

NZのスラング、言葉、表現を本からご紹介

この本は「辞書」というだけあって沢山の言葉が載っていますが、その中で私も使ったり、よく聞くものをいくつかご紹介したいと思います!

ニュージーランドのお菓子

まず最初に、ニュージーランドではおなじみのお菓子からです。

  • Afghan (アフガン)

チョコレートコーティングがたっぷりのクッキー、クルミがのっています。

  • Anzac (アンザック)

シロップとオーツ麦が材料のクッキーで、紅茶と一緒に食べるのにピッタリです。

ニュージーランドのアンザックビスケット

出典:Countdown website

キティとジンジー

キティとジンジー
ちなみにクッキーのことはよく「Bikkies(ビッキーズ)」って呼ぶんだよ。
  • Custard Square (カスタード スクエア)
ニュージーランドのカスタードスクエア

出典:Countdown website

ニュージーランド人は「スクエア」や「スライス」と呼ばれる焼き菓子が大好きです。

オーブンで焼いたお菓子で、四角にスライスしてあります。

ただ、そのひと切れが大きくて甘いこと

カスタードが挟まっているのが、カスタードスクエアです。

ニュージーランドの生活に関する言葉

次にニュージーランド人の生活に関する言葉です。

  • Crib(クリブ)または Bach(バッチ)

別荘のことです。

ニュージーランド人は週末やホリデーを過ごすための別荘を持っている人が多く、ビーチや森の近くにあります。

別荘といっても豪華なものばかりではなくて、シンプルな小さな家も多いんですよ。

北島と南島で呼び方が違って

北島では「バッチ」

南島では「クリブ」

と言います。

  • Cuppa(カッパ)

お茶、コーヒー、紅茶などのことです。

Shall we have a cuppa?

お茶の時間にする?

  • Tea (ティー)

これも普通は「お茶」っていう意味ですよね。

でも実はよく使うのが「Dinner、夕食」という意味です。

知らないと困惑してしまいますよね。

Do you wanna come around for tea tonight?

今晩ご飯食べに来る?

  • Morning Tea(モーニングティー)、Afternoon Tea(アフタヌーンティー)、 Smoko(スモーコ)

もう1つお茶関係から、職場では朝と午後のお茶休憩のことを言います。

ニュージーランドの会社で働いていたら、ほぼ朝、午後のお茶休憩があります。

私が働いていた職場なんて、朝は10時半から11時15分まで、お茶とお菓子でぺちゃぺちゃ喋るなんてよくありました。

「Somoko」は「Smoking break、タバコ休憩」から来たようですが、最近はタバコを吸う人はめっきり減りました。

  • Nibbles(ニブルズ)

手で食べられるフィンガーフードや、ちょっとしたスナックのことです。

パーティーに行くと、食事の前にお酒とニブルズが出ることが多いです。

  • Chemist(ケミスト)

化学者のことではなくて、薬局のことをケミストと呼びます。

アメリカ英語のファーマシーとはあまり言わないです。

キティとジンジー

キティとジンジー
日本でいう「ドラッグストア」は和製英語なので、通じないんだよ。
  • Dairy (デイリー)

町角にあるコンビニのようなお店のことです。

牛乳、お菓子や新聞など、ちょっとしたものを買いたい時に便利です。

ニュージーランドのデイリー

出典:Kiwipedia

  • Kindy(キンディー)

幼稚園のことで、Kindergartenを省略した言い方です。

キウィは「言葉を短くする」のが大好きなんですよ。

  • Present (プレゼント)

→Prezzy(プレジー)

  • Breakfast(ブレックファースト)

→Brekkie(ブレッキー)

  • Sandwich(サンドウィッチ)

→Sammie(サミー)

などなど。

  • Panel Beater(パネルビーター)

日本でいう自動車の板金修理屋さんで、車の部品や外装の修理をしてくれるお店のことです。

アメリカではBody Shopというそうですが、本当かな?

  • Jandals(ジャンダルズ)

ビーチサンダルのことです。

  • Togs(トグズ)

水着のことです。

  • Bloke(ブローク)

普通の男性を表す単語で、よく使います。

He is a nice bloke, isn’t he!

彼っていいやつだよね!

  • Nana(ナナ)、 Nan(ナン)

おばあちゃんのことです。

ニュージーランドでよく使われる表現

  • Cheeky(チーキィ)

やんちゃ、おませ、生意気という意味です。

言い方によって

「かわいくてやんちゃな子供だね」

みたいに良い意味に使う場合と

「あの言い方は、ちょっと生意気だよね!」

みたいな感じで皮肉的に使う場合もあります。

  • Stroppy(ストロッピー)

怒りっぽい、反抗的という意味です。

I don’t like her very much, because she is stroppy.

彼女のことあんまり好きじゃないよ、だって彼女すぐ怒るよね。

  • Dodgy

信用できないという意味です。

ものに関して使うこともあれば、誰か人に対して使うこともあります。

I didn’t accept the deal as it sounded a bit dodgy.

あの件は承諾しなかったよ、だってちょっと信用できなかったから。

  • She’ll be right(シールビー ライト!)

それは大丈夫だよ、うまくいくよ、という意味です。

I wonder if it might rain for our BBQ later?

この後のバーベキュー雨降るかなぁ?

She’ll be right, mate!

大丈夫だよ!

女性」に限らずに、天気やもの、状況、なんでも使えます。

  • No worries(ノーウォーリーズ)

これはちょっと有名でしょうか?

問題ないよ!という意味で、No problemsと同じように使われます。

  • Good as gold(グッドアズゴールド)

何か聞かれて、いいよ!と承諾する時や、OKだよ!という時に使います。

  • Right-o, Righty-o(ライトォー)

同じく、いいよ!了解!という意味で、カジュアルに使います。

  • Knock off(ノックオフ)

終わるという意味で、よく仕事を終える時に使います。

What time do you knock off work?

何時に仕事終わる?

  • Pop in(ポップイン)、 Pop around(ポップ アラウンド)

ちょっと寄る、という意味に使います。

Can I pop around after work?

仕事終わってから、ちょっと寄ってもいい?

  • ring up (リング アップ)

電話をかけるという意味です。

「The Godzone Dictionary」のまとめ

こうしてみるとニュージーランドの英語って、イギリス英語がベースではありますが

本当に独特で、日本では習わなかった表現がたくさんあります。

もし興味があれば是非読んでみて、ニュージーランドに来られた際にはキウィたちと一緒に使ってみて下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニュージーランド在住15年の私がおすすめ 英語教材上級編

ニュージーランド在住15年の私がオススメ!ネイティブ並みに上達する英語教材【上級...