ダニーデンのストリートアート④ 179 Rattray Street 

ダニーデンのストリートアート 179 Rattray Street旅行

ダニーデンストリートアート 179 Rattray Street

ダニーデンの町にはたくさんの

ストリートアート(壁画)

が描かれています。

  • ビルの壁一面の大きなもの

から

  • 気づかずに通り過ぎてしまいそうな、小さなもの

まで様々です。

このブログでは、これらアート作品をご紹介しています。

今回の壁画は、とても車の通りの多い交差点にある「存在感抜群」のアート作品。

早速ご紹介しますね!

by Stickum - 179 Rattray Street

ダニーデンのストリートアート 179 Rattray Street

このカラフルで迫力のあるアートは、2人のダニーデン在住アーティストによって描かれました。

Aroha Novakさん(女性)

ウェブサイト:https://cargocollective.com/arohanovak

Guy Howard-Smithさん(男性)

ウェブサイト:http://guyhowardsmith.co.nz/

お二人は‘Stickum’という名前で、共同で作品を描くことが多いようです。

今回もそのプロジェクトの1つとして、2015年に描かれました。

彼らが表現したかったのは

この地に定住した文化の異なる人々と、彼らのダニーデンとのつながり

で、約2週間で大きな壁にこのアートが完成しました。

男性は、中国からの移民Chin Fooiさん

描かれている男性は、ゴールドラッシュさなかの1900年代の初めにダニーデンの地にやって来た中国からの移民でビジネスマンのChin Fooiさん。

彼はこの壁画があるあたりに今でいうドライクリーニング業を開業し、中国から移住してきた沢山の人を雇用したそうです。

中国から言葉も文化も全く違うニュージーランドに来た人々にとって、Chinさんは頼もしい存在だったのではないでしょうか?

この場所にいたマオリの人々の様子

絵の左側には、ダニーデンのオタゴ湾

そして上の方には「ワカ」というマオリの人々のカヌー

が描かれています。

この辺りには昔

Toitu Stream(トイトゥ ストリーム)

という小川が流れていたそうです。

Toituとういのはマオリ語で、「永遠に変わらない」といった意味です。

小川が流れていた頃、このあたりに先住民のマオリの人々は小屋を建てて、移住してきた人々に野菜などの食べ物を売っていたそうです。

現在この川は地下を流れていて、湧き水は壁画のすぐ向かいにある地元のビール工場

Speights (スぺイツ)

のビールを作るために使われています。

この絵画のおかげで、私も今まで知らなかった歴史を知ることができました。

町の中心のオクタゴンから、歩いて約10分ほどです。

すぐ前には地ビールと美味しい料理が楽しめるビール工場があるので、来られた際は是非壁画もご覧になって下さいね。

179 Rattray Street

ダニーデンストリートアートの地図やウェブサイト

ダニーデンストリートアートが、どこにあるかがわかる地図があって便利です。

こちらからダウンロードできます。

ダニーデンストリートアートの地図

フェイスブックページはこちらです。

Dunedin Street Art
Dunedin Street Art、Dunedin, New Zealand - 「いいね!」13,078件 · 4人が話題にしています - Volunteers bringing commissioned art to the streets of Dunedin Street Art Trail Maps he...

ウェブサイトはこちらです。

DUNEDIN STREET ART
Volunteers bringing commissioned art to the streets of Dunedin, New Zealand

コメント

タイトルとURLをコピーしました