【NZインターアイランドマッチ】北島vs南島ラグビー大会のチームや3つの豆知識

【NZインターアイランドマッチ】北島対南島ラグビー大会のチームや3つの豆知識ラグビー
この記事のまとめ

ニュージーランドのトップラグビー選手が北島と南島に分かれて戦う「インターアイランドマッチ」

 

オールブラックスの選考も兼ねた大きな試合です

 

この記事では、NZだけでなく世界のラグビーファンが注目のノースvsサウスについてご紹介します

今大会は

オールブラックスvsオールブラックス?

と思えるほどの豪華なメンバーが集合。

この記事では、9月3日に決定した北島・南島チームや、私の注目対決3選、そしてより大会が面白くなるかもしれない?「3つの豆知識」などをご紹介します。

【速報】10月にNZでブレディスローカップ2試合開催決定

↑目次に戻る

アイキャッチ画像はオールブラックスYouTube動画からお借りしました。

インターアイランドマッチの開催日時は?

大会はコロナの影響で開催が危ぶまれた時期もあったのですが、予定より1週間遅れの9月5日に無事開催

もともとは試合を生観戦できる予定でしたが、残念ながら警戒レベルにより100人以上の集会ができず、無観客試合となっています。

でも試合が行われるだけでうれしい!

スタインラガー・ノースvsサウス

 

2020年9月5日(土曜日)
キックオフ時間 7.10PM 

無観客試合

(日本時間 4.10PM)
北島代表v南島代表
場所 ウェリントン スカイスタジアム

NZではSky Sports、日本ではJ Sportsで放送されます😊

NZ北島vs南島戦 日本での配信予定

J Sports オンデマンド
配信期間 : 2020年9月5日(土)

               3:55PM~6:40PM

 

J Sports 1
放送日:2020年9月5日(土)
放送時間:8.15PM~10.15PM

日本での配信については、J Sportsの公式サイトを確認してくださいね。

↑目次に戻る

北島チームと南島チームのメンバーは?

北島・南島両チームの選手が9月3日に発表になりました!

選手を北島・南島に分けた方法は…

選手の分け方は?

初めて出場した州代表チーム

いろんな意見があったこの分け方をもう少し詳しく説明しているので、よかったら次のページもご覧ください。(項目に飛びます)

では、それぞれのメンバーを、現在プレーしているスーパーラグビーのチーム名とともに表にまとめてご紹介

ポジションはNZ式で書いたので、日本の呼び方と違うところもあります🙏

【北島チーム】黒ジャージが強そうに見える!

ニュージーランドラグビーインターアイランドマッチ北島チーム

出典:オールブラックスツイッター

1、ルースヘッドプロップカール・トゥイヌクアフェ(ブルーズ)
2、フッカーアサフォ・アオムア(ハリケーンズ)
3、タイトヘッドプロップオファ・トゥウンガファシ(ブルーズ)
4、左ロックパトリック・トゥイプロトゥ (キャプテン)(ブルーズ)
5、右ロックトゥポウ・ヴァアイ(チーフス)
6、ブラインドサイドフランカーアキラ・イオアネ(ブルーズ)
7、オープンサイドフランカーアーディ・サヴェア(ハリケーンズ)
8、ナンバーエイトホスキンス・ソトゥトゥ(ブルーズ)
9、ハーフバックTJ・ペレナラ(ハリケーンズ)
10、ファーストファイブボーデン・バレット(ブルーズ)
11、レフトウィング ケイレブ・クラーク(ブルーズ)
12、セカンドファイブアントン・レイナート・ブラウン(チーフス)
13、センターリーコ・イオアネ(ブルーズ)
14、ライトウィングセヴ・リース(クルセイダーズ)
15、フルバックダミアン・マッケンジー(チーフス)
16、リザーブ・フッカーアッシュ・ディクソン(ハイランダーズ)
17、リザーブ・ルースヘッドプロップエイデン・ジョンストン(ハイランダーズ)
18、リザーブ・タイトヘッドプロップアンガス・タアヴァオ(チーフス)
19、リザーブ・ロックスコット・スクラフトン(ハリケーンズ)
20、リザーブ・ルースフォワードダルトン・パパリイ(ブルーズ)
21、リザーブ・ハーフバックアーロン・スミス(ハイランダーズ)
22、リザーブ・ミッドフィールドピーター・ウマガ・ジェンセン(ハリケーンズ)
23、リザーブ・ユーティリティバックミッチェル・ハント(ハイランダーズ)

チーフスでの活躍が目立ったボーシェー選手が入らなかったことが話題に

北島チーム監督も「とても悩んだ決断」だったとのことです。

↑目次に戻る

【南島チーム】まるでクルセイダーズ!?

ニュージーランドインターアイランドマッ南島チーム
出典:オールブラックスツイッター

1、ルースヘッドプロップジョー・ムーディ(クルセイダーズ)
2、フッカーコーディー・テイラー(クルセイダーズ)
3、タイトヘッドプロップネポ・ラウララ(チーフス)
4、左ロックサム・ホワイトロック(キャプテン)(クルセイダーズ)
5、右ロックミッチェル・ダンシエ(クルセイダーズ)
6、ブラインドサイドフランカーシャノン・フリゼル(ハイランダーズ)
7、オープンサイドフランカートム・クリスティー(クルセイダーズ)
8、ナンバーエイトトム・サンダーズ(クルセイダーズ)
9、ハーフバックブラッド・ウェバー(チーフス)
10、ファーストファイブリッチー・モウンガ(クルセイダーズ)
11、レフトウィングジョージ・ブリッジ(クルセイダーズ)
12、セカンドファイブジャック・グッドヒュー(クルセイダーズ)
13、センターブライドン・エノー(クルセイダーズ)
14、ライトウィングウィル・ジョーダン(クルセイダーズ)
15、フルバックジョーディー・バレット(ハリケーンズ)
16、リザーブ・フッカーリアム・コルトマン(ハイランダーズ)
17、リザーブ・ルースヘッドプロップジョージ・バウアー(クルセイダーズ)
18、リザーブ・タイトヘッドプロップティレル・ロマックス(ハリケーンズ)
19、リザーブ・ロックマナアキ・セルビーリケット(ハイランダーズ)
20、リザーブ・ルースフォワードディロン・ハント(ハイランダーズ)
21、リザーブ・ハーフバックフィンレイ・クリスティー(ブルーズ)
22、リザーブ・ファイブエイスジョシュ・イオアネ(ハイランダーズ)
23、リザーブ・ユーティリティバックレスター・ファインガアヌク(クルセイダーズ)

南島のバックスは、クルセイダーズ陣にウェバーとジョーディー。

当大会は、オールブラックスの選考も兼ねたトライアルマッチ。

スコッドの発表は試合の翌日なので、こちらも目が離せません

【オールブラックスのスコッド発表】
9月6日(日曜日)
NZ時間11:00AM(日本時間8:00AM)

参考:All Blacks:WHERE IN THE WORLD CAN YOU WATCH: NORTH V SOUTH

2020年のチームメンバーが発表になりました

こちらので記事で詳しくご紹介しています😊

関連記事>>>【オールブラックス】2020年のスコッド発表!新メンバー7選手の経歴は?

↑目次に戻る

個人的に気になる3つの戦い

ABsのセレクションも兼ねているということで選手も気合が入ってそうですが、私が待ちきれないのは次の3つの対決です。

【9】スクラムハーフ対決

TJ・ペレナラ選手ブラッド・ウェバー選手

スーパーラグビー・アオテアロアでは、ハイランダーズのアーロン・スミス選手がキレッキレで情熱と貫禄を感じるプレーをみせてくれました

ですので、現在オールブラックスのスクラムハーフ第1チョイスは、スミス選手でしょう。

スミス選手は今回ベンチスタート。

ということは、第2のポジションを争うのが、ペレナラ選手とウェバー選手

今大会では両選手がスターティングメンバーになり、どんな戦いになるのか注目!

↑目次に戻る

【10】スタンドオフ対決

ボーデン・バレット選手リッチー・モウンガ選手

モウンガ選手とバレット選手は、昨年のワールドカップで10番と15番のコンビで活躍しました。

しかし、今年のスーパーラグビー・アオテアロアではバレット弟のジョーディー選手が15番として大活躍

オールブラックスの15番には彼がふさわしい気がします。

というわけで、バレット兄は10番の座をかけてモウンガ選手とバトルするのではないでしょうか

↑目次に戻る

【15】フルバック対決

ダミアン・マッケンジー選手ジョーディー・バレット選手

マッケンジー選手は昨年、残念にもケガをしてしまい、日本で開催されたワールドカップに出られませんでした。

復帰後初のシーズン、スーパーラグビー・アオテアロアで活躍はしたものの、チームは1勝もできずに最下位に…

バレット選手は、アオテアロアで長距離ゴールキックを含めすばらしいプレー。

グッとオールブラックスの15番の1番候補に近づいた気がします。

このふたりがどんなプレーを見せてくれるのかとても楽しみ

みなさんはどの選手に注目されているでしょうか?

↑目次に戻る

北島vs南島大会3つの豆知識

最後に、ちらっと読むとより試合が面白くなるかな〜?と思う小ネタを最近のニュースから3つご紹介します!

個人的なおすすめはふたつ目のネタ。

トロフィーが88年ぶりに発見!

北島南島大会のトロフィーが88年ぶりに発見
出典:1 news

北島vs南島大会で贈呈されていたトロフィー(写真の右)が、1932年から88年ぶりに発見されました

なんと、オークランドのイーデンパークの倉庫に眠っていたとのこと

スタジアムのスタッフいわく、イーデンパークはまるで野うさぎの巣穴のように複雑で、4年間働いていもまだ新しい部屋を見つけることがあるそう。

ニュージーランドラグビー北島南島のトロフィーが発見

出典:Stuff

スタジアムの奥深くにあったトロフィーがこのタイミングで見つかったことに、なんだか運命を感じます。

5日の試合ではオリジナルのトロフィーとマオリのトロフィー(写真の左)のふたつが贈呈されるそうなので、テレビで映ったらぜひチェック

参考:Stuff:Mystery solved: Lost North v South rugby trophy found after 88 years

TVNZ1:Taonga, historic trophy up for grabs in North v South rugby match

↑目次に戻る

グッドヒュー選手のトレードマーク「マレット」がなくなった!

ジャック・グッドヒュー選手のトレードマークといえば、えり足を伸ばした髪形「マレット」

走るたびにユラユラとなびく80年代風のヘアスタイルは、昨年のワールドカップ中も話題に。

「ダサい、切るべき」と言われて続けていました。

しかし本人は「マレットのおかげで速いプレーができる科学的根拠もある」と冗談で返答

チャリティーのためにえり足にパーマを当てピンクに染めたことも。

しかし、そのマレットを切った!ということがニュースに

動画がみられます↓

ツイッターには悲しむ人からのコメントがたくさん。

試合ではスッキリかっこよくなった姿と、マレットがなくなってプレーに変化がないかにも注目です😂

↑目次に戻る

4人のコーチ中3人がジャパンラグビーにゆかりあり

今回の大会は、オールブラックスのアシスタントコーチ4名が北島と南島2名ずつ分かれて指揮をとります。

実はこの監督陣、4名中3名が日本のラグビーに関わっているんですよ

  • ジョン・プラムツリー氏(北島コーチ)

日本代表チームにディフェンスコーチとして2017年に参加

  • スコット・マクラウド氏(北島コーチ)

以前に日本の東芝ブレイブルーパスでプレー

  • グレッグ・フィーク氏(南島コーチ)

2018年度、NECグリーンロケッツのコーチに参加

彼らがどんな監督ぶりを見せるのかも気になります。

北島・南島を率いるコーチ陣について、以下のページでもう少し詳しく紹介しているので、よかったらご覧ください。(項目に飛びます)

↑目次に戻る

インターアイランドマッチのまとめ

ニュージーランドオールブラックストライアルマッチ2020の世界キックオフ時間

出典:オールブラックス公式サイト

いよいよ土曜日に行われる、ノースvsサウスゲーム。

世界中のラグビーファンが、テストマッチのような気持ちで楽しみにしている試合ではないでしょうか

選手はといえば、通常長いスーパーラグビーシーズンやテストマッチでたくさん試合をしますが、今年は新型コロナの影響でそれほどプレーができていません。

そのため無観客ではありますが、きっと大きな試合がしたくてウズウズしているのでは?と思います。

日本時刻の午後4時10分にキックオフ

ニュージーランドのトップ選手が集い、戦う試合をたっぷり楽しみましょう!

コメント

  1. たかたか より:

    非常にわかりやすくとりまとめていただきありがとうございます。
    最近、このブログを知りましたが、一通り読んだらニュージーランド通になれますね。
    今夜は楽しみです!

    • たかたかさん
      メッセージありがとうございます!
      ブログの感想をいただいてうれしいです、またちょこちょこ記事を書いていきますので、よかったらご覧ください。
      昨夜の試合は最高のエンターテイメントでしたね、私も楽しみました😊
      真弓

タイトルとURLをコピーしました