マヌカハニーのUMFとMGO【簡単換算表】

マヌカハニーUMF MGOの違い
スポンサーリンク

私がニュージーランドに来た2003年頃はマヌカハニーと言えば

「コンビタ」ブランド

抗菌効果を示す数値は

UMF

ユニークマヌカファクター

で高さを示すのが一般的でした。

でも最近ではマヌカハニーのブランドが増え、効果を表す数値も

MGO

MGS

などブランドによって異なったもの使うようになったので、ちょっとわかりにくくなってしまいました。

先日お土産屋さんに行った際も本当にたくさんの種類があったので、この記事ではUMF、MGOとMGSの換算表をご紹介します。

迷わずにマヌカハニーが買えるようにお役に立てればと思います。

UMF、MGOとMGSの簡単換算表

現在ニュージーランド政府が正式に認めている数値は

  • UMF
  • MGO
  • MGS

の3つだけです。

残念ながら偽物も多い昨今、安心して食べられる高品質のマヌカハニーを購入するなら

  1. ニュージーランド産
  2. UMF、MGO、MGSのいずれかの数値が記載されているもの

がおすすめです。では換算表をご紹介しますね。

UMFMGOMGS 抗菌効果
5+83+5+
10+263+10+
12+356+12+
15+514+16+とても高い
18+696+18+さらに高い
20+829+20+より高い
24+1050+24+最高に高い
  • UMF5+の目安

毎日の健康のための習慣に

  • UMF10+~12+の目安

喉が痛い、口内炎ができた、風邪かなという時

  • UMF15+以上の目安

さらに高い効果を実感したい場合

こちらの換算表はニュージーランドのマヌカハニーブランドのウェブサイト、ブログサイトを参考にしました。

ダニーデンのお土産屋さん、アオテアさんではUMF28+のスペシャルマヌカハニーが1,888ドルで売られていました!

アオテアダニーデン 高級マヌカハニー2

UMF、MGO、MGSの違いは?

ではこの3つの数値の違いについてご紹介しますね。

UMFは抗菌効果を消毒液と比べた数値

UMFは「ユニークマヌカファクター」の略です。

1988年にニュージーランド人のピーター・モーラン博士によって名付けられました。

モーラン博士はマヌカハニーの抗菌、殺菌効果を

消毒液のフェノール溶液と比べた数値

をつけました。

たとえば

UMF5+は

5%の濃度のフェノール消毒液と同じ程度の殺菌力

というわけです。

フェノール消毒液はこうのような↓濃度で使われるので、5+でも十分細菌に抗菌作用があることがわかります。

  • 手指・皮膚の消毒で1.5%~2%
  • 医療用具の消毒で2%~5%

でもピーター博士もこの時点ではマヌカハニーにどうして抗菌、殺菌作用があるのか具体的なところまでわかっていませんでした。

その具体的な成分が分かって使われ始めた数値がMGOです。

MGOは抗菌成分の量を表す数値

MGOというのはマヌカハニーに含まれる「メチルグリオキサール」という成分の数値です。

このメチルグリオキサールという成分が抗菌作用を持ち、マヌカハニーに抗菌効果がある秘密だったんです。

2008年にドイツのトーマス・ヘンレ教授が論文で発表しました。

MGOは、消毒液と比べた数値のUMFより

メチルグリオキサールがどれくらい入っているか

というもっと具体的な数値なので、これからはMGOがスタンダードになっていきそうです。

MGSはモーラン博士が作った新しい数値

UMFを提唱したモーラン博士は、その後MGSという新しい数値を発表します。

MGSは「モーランゴールドスタンダード」の略です。

MGSのウェブサイトによると

メチルグリオキサールの量と純度や質によってつけらえる数値

ということで、信頼のできる指標となります。

ただMGSを使っているマヌカハニーの会社は少ないようです。

マヌカハニーの効能は?

マヌカハニーの効能

10+のマヌカハニーをスプーンですくってみたところです。

普通のハチミツとかなり違いますよね、色も茶色く、味も濃厚です。

ピーター・モーラン博士によると、マヌカハニーの抗菌、殺菌作用はこんなに多岐の細菌に及びます

  • 黄色ブドウ球菌
  • ヘリコバクター・ピロリ菌
  • ストレプトコッカス・ミュータンス菌
  • 大腸菌
  • サルモネラ菌
  • 霊菌
  • 化膿連鎖球菌
  • 緑膿菌など

具体的には

  • 皮膚の炎症
  • ニキビ
  • アトピー
  • やけど
  • 逆流性食道炎
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 口内炎
  • 虫歯、歯周病
  • のどの炎症
  • 睡眠不足
  • 免疫力の向上
  • 過敏性腸症候群

などの改善に効果があると言われています。

マヌカハニーの効果的な食べ方は?

昔は「マヌカハニーは40度以上になると殺菌効果が失われる」と言われていました。

でもMGOを提唱したトーマス・ヘンレ教授によると、マヌカハニーの殺菌効果は熱によって失われることはないということが分かりました。

ですので好みの方法で食べられるのがおすすめですが、私はニュージーランド人もよくしている

朝起きた時に小さじに1杯、そのままなめる

という方法です。

ちょっと独特な味なので、苦手なら

コーヒーに入れる

トーストに塗って食べる

ヨーグルトに混ぜて食べる

という方法もニュージーランドでは人気があります。

また食べるだけではなく、病院では皮膚の炎症や軽度のやけどに

マヌカハニーをガーゼに塗って患部にあてる

方法も行われています。

マヌカハニーのUMFとMGO換算表、のまとめ

マヌカの白い花

「マヌカ」の木はニュージーランドにだけ自生している、フトモモ科の2~5メートルの木です。

私は以前クイーンズタウンからミルフォードサウンドの観光ガイドをしていたのですが、ミルフォードサウンドへの道中にたくさんマヌカの木があります。

ニュージーランドの夏の12月頃になると白い小さな可憐な花をたくさんつけまるで雪が積もっているように見えました。

ニュージーランドマヌカの白い花

この小さな花の蜜をハチが集めてくれてとれるマヌカのハチミツは優れた効能を持っています。

お値段は普通のハチミツより高めですが、味は濃厚でクリーミー、抗菌、殺菌効果も認められているマヌカ、是非生活に取り入れてみて下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニュージーランドの乳製品の代替食品

ニュージーランドでは乳製品の代わりを買う人が増えている?