KIA KAHAの意味は「強くあれ!」ニュージーランドで使われた3つの場面を紹介

KIA KAHAの意味は「強くあれ!」ニュージーランドで使われた3つの場面日常生活
この記事のまとめ

「Kia kaha(キア カハ)」という言葉を見たり聞いたりするけど、どういう意味?

 

そんな疑問にこの記事では、Kia kahaの意味や、ニュージーランドで実際に使われた3つの場面などをご紹介します。

日常生活での使い方もまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

Kia kahaの意味

Kia kahaの意味

「Kia kaha(キア カハ)」というフレーズは一般的に、次のような意味で使われます。

「強くあれ – Be Strong」

日本語で一番近い言葉は「がんばれ」かな。

ただ、一方的に「がんばってください」というよりは、

「一緒に前に進んでいこう」

という寄り添う気持ちが入っている感じです。

ですので、ニュージーランドでは災害や事件があったときや、みんなで何かをやりとげたいときに使ったりします

この「Kia kaha」という言葉は英語ではなく、ニュージーランドの原住民マオリの人々の「マオリ語」。

マオリの人々は約1,000年ほど前、ポリネシア地方から大きなカヌーに乗ってニュージーランドの島国にやってきたといわれています。

彼らはニュージーランドを「アオテアロア−長く白い雲のたなびく場所」と名付けました。

現在マオリの人口は約15%ほどで、マオリ語はニュージーランドの公用語です。

さて、マオリ語のKia kahaの意味は辞書によると3つありますよ。(参考:Maori Dictionary

Kia kahaの意味
  1. be strong(強くあれ)
  2. get stuck in(懸命にやっていこう)
  3. keep going(止まらず進んでいこう)

1番目に「強くあれ」がきていますが、使うときは3つの意味がすべて合わさっているように思います。

「ハカ」ではなくて、「カハ」だよ。

では続いて、「キアカハ」の使い方を見てみましょう。

↑目次に戻る

スポンサーリンク

Kia kahaの使い方

Kia kahaの使い方

「Kia kaha」は自分にも、そして他人にも使えるフレーズ。

また、「がんばれ〜」というプレッシャーや押し付けがましさがないのも特徴です。

そしてとても短く覚えやすいので便利。

特にニュージーランドでは浸透している言葉なので、機会があればぜひ使ってみてください😊

  • お見舞いメッセージカードの一番下に添える
  • 落ち込んだときに自分への言葉として書いてみる
  • 災害や事件にあった人へ「がんばって」とは言いにくいときに使う

↑目次に戻る

Kia kahaがニュージーランドで大きく使われた3つの場面

最後に、ニュージーランドではどのように「Kia kaha」が使われてきたのかをご紹介します。

特に最近3つのできごとで有名になったフレーズなので、順番にご覧ください。

①カンタベリー地震

Kia kahaがニュージーランド国内だけでなく、世界からのメッセージとしても使われたのがカンタベリー地震です。

2011年2月22日、南島クライストチャーチでマグニチュード6.3の大地震が発生しました。

3月には東北地方太平洋沖地震が起こったので、覚えている方も多いのではないでしょうか?

死者は日本人28名を含め185名にものぼりました。

クライストチャーチのシンボル大聖堂が崩壊し、4万〜5万棟に被害が出た大災害だったんです。

このカンタベリー地震の際に多くの人が使った言葉が「Kia kaha」でした。

FacebookなどSNSでも毎日のように使われ、被害にあった家族や友だち、そしてクライストチャーチをサポートするフレーズとして有名になりました。

②クライストチャーチモスク銃乱射事件

ふたつ目は同じくクライストチャーチで起きた、モスクの襲撃事件です。

2019年3月15日、クライストチャーチのモスク2ヶ所が襲われ、51人が死亡しました。

現代ニュージーランド史上最悪の犯罪事件で、犯人はニュージーランドではじめての「仮釈放なしの終身刑」。

また銃規制問題にも発展しました。

このときにたくさん使われたフレーズが次のふたつです。

  • Kia kaha(強くあれ)
  • We Are One(私たちはひとつ)

ラグビーニュージーランド代表チーム「オールブラックス」もツイッターで「Kia kaha」の言葉をクライストチャーチに送っています。

また英国王室はクライストチャーチの地震とモスク襲撃の際、メッセージに「キア カハ」のフレーズを使用しました。

③新型コロナのロックダウン

そして「キア カハ」がたくさん使われた3つ目の機会は、2020年に新型コロナウイルスでニュージーランドが都市封鎖になったときです。

3月25日に警戒レベルが最高の4に引き上げられ、4月27日までニュージーランド全体が今まで経験したことのない事態に。

ロックダウンという大きな決断をしたジャシンダ・アーダーン首相は、テレビで毎日のように次のフレーズを繰り返しました。

  • Kia kaha (強くあれ)
  • Be Kind (やさしくあれ)

国民は不安も大きかったのですが、スローガンを心にとめて乗り越えたともいえます。

このように、ニュージーランドでは「キアカハ」が自分や他人をサポートするいろんな場面で使われています。

そのほかにも、次のような使われ方もあるのでまとめてご覧ください。

  • 第二次世界大戦中のマオリ軍のマーチングソング
  • 演説に賛成する「Hear hear! – そうだそうだ!」の代わり
  • ニュージーランド警察のいじめをなくすキャンペーン名
  • 手紙の一番下の別れの挨拶
  • 学校のモットー

アメリカのプロバスケットボールリーグNBAで活躍するNZ人スティーブン・アダムズ選手を知っていますか?

彼が背中に「Kia kaha」と書かれたジャージでプレーしたことも話題になりました。

↑目次に戻る

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、ニュージーランドのマオリ語「Kia kaha」の意味や使い方、実際に使用されたケースをご紹介しました。

短く覚えやすいフレーズなので、「がんばって」とは言いにくいときに「一緒に前に進もう」という気持ちでぜひ使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました