ダニーデンのチャイニーズガーデンはほっと安らげる素敵な空間

スポンサーリンク

ダニーデンにあるチャイニーズガーデンは、1時間ほどお時間があるようならぜひ訪れていただきたい観光スポット。

なぜなら、とてもゆったりとした雰囲気でアジアのおもむきを楽しめる場所だからです。

またロケーションは町の中心のオクタゴンから歩いて10分ほどの距離と大変便利!

この記事ではダニーデンにある大きくて美しいチャイニーズガーデンについて、開園に至った背景、内部の様子や入園料などをご紹介します。

ダニーデン・チャイニーズガーデンは中国との関係を表す象徴

ダニーデンのチャイニーズガーデン (13)

ダニーデン・チャイニーズガーデンは

2008年の6月

ニュージーランドの当時のヘレン・クラーク首相、中国大使のZhang Yuanyuan氏が見守る中オープンしました。


どうしてダニーデンに中国庭園?

と疑問の方もいらっしゃるかもしれませんが、実はダニーデンの歴史は中国の人々なしでは語れません。

ダニーデンが豊かな町になったのは1860年代、たくさんの金が発見されてゴールドラッシュが起こったからです。

当時、中国からもたくさんの金堀たちがやってきました。

そしてゴールドラッシュブームが去った後も、多くの中国人たちはこの地に残ってビジネスを始め、ダニーデンの経済に大きな貢献をしてきたんです。

2004年から2010年まで市長だった、ピーター・チン氏も中国系ニュージーランド人です。

チンさんは歌が上手で、オールブラックスの試合で国家を斉唱した↓こともあるんですよ(^^)

チャイニーズガーデンはダニーデンの姉妹都市である

上海、江南地域の庭をモデル

にしているそうです。

ちなみにダニーデンは北海道の小樽市とも姉妹都市で、植物園には小樽庭園というちょっとした日本庭園がありますよ。

関連記事>>>早春の【Dunedin Botanic Garden(ダニーデン植物園)】

チャイニーズガーデンは上海博物館の協力も得て、1998年の起草から10年かけて開園となりました。

こんなダニーデンの中国の関係を背景としてできたチャイニーズガーデンの様子を、写真でご紹介しますね!

ダニーデン・チャイニーズガーデンの様子

ダニーデン・チャイニーズガーデンの地図

チャイニーズガーデンの敷地内は上の写真のように真ん中に池があって、池の周りをぐるりと歩けるようになっています。

私が訪れたのは中国の旧正月で混みあっていたのですが、普段は静かでのんびりしていますよ。

ダニーデンのチャイニーズガーデン (2)

車で行く場合は、入口のすぐ横に駐車場があります。

徒歩なら町の中心オクタゴンから、ダニーデン鉄道駅セトラーズ博物館の前を通って数分歩くと、立派な門が左手にあらわれます。

ダニーデンのチャイニーズガーデン (12)

門の両脇には狛犬(こまいぬ)の姿。

ダニーデンのチャイニーズガーデン (3)

正面の入り口からさっそく入ってみましょう!

ダニーデンのチャイニーズガーデン (4)

玄関を入ると、そこはまさに中国といった雰囲気。

外とは全く違う景色を楽しめますよ。

ダニーデンのチャイニーズガーデン (5)

玄関を入って左に進むとこのようなテラスのようなコーナーがあり、ここから池を眺められます。

ダニーデンのチャイニーズガーデン (7)

庭園の歴史や説明が書かれた展示がある廊下を歩いていくと、池に突き出たこのような建物が見えます。

歩いて中に入ることもできますよ。

ダニーデンのチャイニーズガーデン (6)

池の周囲をぐるっと歩ける廊下からは、木々や池のすてきな景色が楽しめます。

ダニーデンのチャイニーズガーデン (9)

対岸にある滝がきれいに見え、池には建築物がうつり込んでまるで鏡のよう。

ダニーデンのチャイニーズガーデン (8)

廊下からティーハウスを眺めた景色です。

ティーハウスでは中国茶やスナックでほっと一息つくことができます。

ダニーデンのチャイニーズガーデン (14)

敷地の奥、ティーハウスの近くにはお土産屋さんがあります。

年の干支はイノシシですよね。

でも中国ではブタなんですよ~!

もともと干支ではブタだったのを、日本に干支が伝わった時にブタになじみがなかった日本ではイノシシに変えた、といわれています。

ということで、かわいいブタさんのぬいぐるみなどが売られていました。

ダニーデンのチャイニーズガーデン (1)

お土産屋さんの横にはこのような中庭があります。

この日は旧正月のイベントがあったので大変にぎわっていました。

ダニーデンのチャイニーズガーデン (15) ダニーデンのチャイニーズガーデン (11)

お線香をたいて願いごとをするとかなうそうです(^^)

ダニーデンのチャイニーズガーデン (10)

このティーハウスでは、おいしそうな飲み物や食べ物が楽しめます。

  • 本場のウーロン茶やジャスミン茶などたくさんの中国茶
  • 豚まん、ベジタリアンまん、カスタードまんなどの中華まん
  • ぎょうざ
  • クッキーなどのスイーツ

私が訪れた日は特別イベントの日で営業していなかったのですが、またティーハウスに行ったらアップデートしますね。

メニューはこちらからご覧いただけますよ>>>ティーハウスのメニュー

ダニーデンのチャイニーズガーデン (16)

ティーハウスの建物を池側から見たところです。

ダニーデンのチャイニーズガーデン (17)
池にはハスの花が咲いていました。

ダニーデンのチャイニーズガーデン (18)
そして最後には滝が流れているエリアがあって、滝が流れ落ちているあたりに降りることもできます。

時間がない場合はぐるっと一周するだけなら15分もかかりません。

もし1時間くらい時間があるなら写真をとりながらゆっくりまわって、途中でお茶をしてほっこりするのもいいですね。

ダニーデン・チャイニーズガーデンの詳細

ダニーデンの中国庭園は本当に丁寧に作られていてクオリティーが高く、びっくりしました。

近くにはダニーデン駅セトラーズ博物館ファースト教会など見どころがたくさんあるので、ぜひ観光のリストに加えてみられてはいかがでしょうか?

  • 開園時間

12月25日を除いて、毎日開園

午前10時~午後5時まで

  • 入園料
大人9.50ドル
大人と同伴の子供(13歳未満)無料
住所39 Queens Gardens, Dunedin
ウェブサイトhttps://www.dunedinchinesegarden.com/
電話03 477 3248(NZ国内から)
+64 3 477 3248(日本の電話から)
Eメール(英語)chinesegarden@dcc.govt.nz

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダニーデン植物園

【ダニーデン植物園】は四季折々の花が楽しめる癒しの場所

Dunedin Botanic Garden ダニーデン植物園のシャクナゲやツバキ

早春の【Dunedin Botanic Garden】ダニーデン植物園

ダニーデンアルバトロスセンター

ダニーデンのロイヤル・アルバトロス・センター

ダニーデン鉄道駅

豪華な建築【ダニーデン鉄道駅】はゴールドラッシュ時代の象徴

オタゴ大学はニュージーランドで一番古い大学

【オタゴ大学】はニュージーランドで一番古い大学

ダニーデンのイエローアイドペンギン

世界で最も珍しい種類!イエローアイドペンギンにダニーデンで会おう