世界でも珍しい【循環式ケーブルカー】がダニーデンに数年後復活!

ダニーデンの循環式ケーブルカー旅行
記事のまとめ

ニュージーランドのダニーデンでは、その昔、路面電車や丘にはケーブルカーが活躍していました

 

しかし、車の一般化により、残念ながら運行はストップ

 

ところが、この度一部のケーブルカーを復活させる活動が行われています。

 

この記事では、サンフランシスコのシステムと同様の、ダニーデンの珍しいケーブルカーシステムなどについてご紹介します。

キティとジンジー

ケーブルカーとトラムの違いも知りたい!

ダニーデンの町では1880年代~1950年代後半までの間

  • 路面電車(トラム)
  • ケーブルカー

が活躍していました。

でも近年になると自家用車やバスがとって代わり、その役目を終えています。

そんな忘れかけられていたケーブルカーが、70年の月日をへて復活する!

というニュースがダニーデンで話題になっているので、内容を詳しくご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ケーブルカー・路面電車・ロープウェイの違いは?

サンフランシスコと同じシステムのケーブルカー

ケーブルカーと聞くと、路面電車?ロープウェイ?とちょっと違いが分かりにくくないでしょうか?

簡単に違いを説明します。

①路面電車(トラム)

路面電車とは

道路の上に引かれた線路の上を走る鉄道

のことで、構造上急な坂道はのぼれません

日本では1895年に、京都市の「京都電気鉄道」が初の路面電車の営業運転を始めました。

②ケーブルカー

ケーブルカーとは

主に山や丘の急斜面で、車両につながれたケーブルを引っ張って走らせる鉄道

のことで、急こう配も走れます

日本では1918年に、生駒鋼索鉄道(現在の近鉄生駒鋼索線)」が初めてケーブルカーを運行しました。

③ロープウェイ

ロープウェイ

ロープウェイとは山岳の急な斜面などの

空中にロープを渡して、ロープにつり下げた輸送用機器で行う交通機関

のことです。

キティとジンジー

今回紹介するのは2番のケーブルカーだよ。

ダニーデンのケーブルカーはかなり特別なんですよ!

ダニーデンのケーブルカーの特徴は「循環式ケーブルカー」

ダニーデンの循環式ケーブルカー

日本を含め、一般的なケーブルカー

  • 交走式(つるべ式)

といいます。

その仕組みは、

ケーブルがつながれた車両を機械で巻き上げて運転します。

図でいうとこんな感じです。(ケーブルカーに乗ろうからお借りしました)

交走式(つるべ式)ケーブルカーの仕組み

一方ダニーデンのケーブルカーは、次の大変珍しい方式です。

  • 循環式ケーブルカー

仕組みは、

道路の下で常に動いているケーブルを、車両がつかんだり離したりして動くシステムです。

循環式ケーブルカー

ケーブルは道路の下に埋められています。

サンフランシスコの循環式ケーブルカー のケーブル

この方法は現在アメリカのサンフランシスコ↓でしか見られません。

サンフランシスコとダニーデンのケーブルカーの技術的な点に関し、以下のサイトに詳しく書かれています(英語)

日本では「循環式ケーブルカー」は使われたことがなく、横浜博覧会の会場で期間限定で運用されたものだけです。

地面の下のケーブルをつかんで走り、離して止まる仕組みなので「循環式ケーブルカー」のレバーを操作する車掌さんのことを

グリップマン(つかむ人)

と呼びます。

ダニーデンケーブルカーの歴史

ダニーデンのケーブルカーの歴史

トラムやケーブルカーは、馬車にとって代わって利用されだした乗り物です。

1860年に始まったゴールドラッシュの恩恵を受け、ダニーデンは大変豊かな町になりました。

同時に、人口が急激に増え、公共交通機関が必要となりました。

セントジョセフ大聖堂の前を走るケーブルカーの様子。

ダニーデンのカトリック教会「セント・ジョセフ大聖堂」はとても美しいですよ

こちらの記事で詳しくご紹介しています。

関連記事>>>【セント・ジョセフ大聖堂】は丘の上にある美しい教会

ケーブルカーの運行が始まったのは1881年。

トラムやケーブルカーはダニーデンの人々を会社、学校などへ送る主要な足となりました。

ダニーデンのケーブルカーが使われていた時代

↑前にベビーカーだって乗せられます(*^^*)

でも時代と共に人々は車を所有するようになり、バスも増えてきたことでトラムやケーブルカーを利用する人が減っていきます。

ダニーデンのケーブルカー 1957年が最後

↑人数制限関係なしにたくさんの人が乗っていますね(^^;

その結果、1957年3月2日をもち、ダニーデンのすべてのケーブルカーの運行が終了

その歴史に終わりを告げました。

当時運行されていたケーブルカーの路線

ダニーデンのケーブルカーの写真

↑学校に遅れまいとケーブルカーに飛び乗る女子高校生

当時のダニーデンには、ケーブルカーが5線路運行されていました。

ダニーデンのトラムとケーブルカーの路線図 1900 – 1956

見づらくて恐縮ですが、地図の

  • 点線部分がケーブルカー
  • 線がトラム

で、町中にシステムが張り巡らされていました。

① Roslyn(ロズリン) と Kaikorai(カイコライ)2.3 km
② Stuart Street(スチュアート通り)1.9 km
③ Mornington(モーニントン)1.6 km
④ Maryhill Extension(メリーヒルエクステンション)0.8 km
⑤ Elgin Road Extension(エルジン通りエクステンション)1.4 km

4番と5番の「エクステンション」というのは細い道を走る「ミニケーブルカー」のことです。ダニーデンのケーブルカー メリーヒルエクステンション

上の写真は4番の「メリーヒルエクステンション」は世界でも最も急な路線として有名でした。

当時人々は「まるでローラーコースターのよう」と言っていたそうです。

そしてこの度復活するのは、3番のモーニントン路線です。

モーニントンケーブルカー復活の計画

ダニーデンのケーブルカーモーニントン

モーニントンは私の住んでいる地区で、先日散歩に出かけたらこのケーブルカーが止まっているではありませんか!

ケーブルカー復活するの?

と聞いたら、関係者のおじさんが親切に4段階の計画を教えてくれました。

【モーニントンケーブルカー復活への計画】

  1. 仮の車庫にケーブブルカー3車両を収める(今この段階)
  2. 6車両収められる2階建てのケーブルカービルを建てる
  3. 町から丘の上のモーニントンまで道路の下にケーブルなどを埋める工事をする
  4. ケーブルカーの運行開始

モーニントンの丘の上の駅周辺には、カフェ・ケーブルカー博物館・レストランなどができる予定です。

ダニーデンのケーブルカーグリップカー

おじさんは

「オープンの日には首相に来てもらうように依頼した!」

と言っていました(*^^*)

計画の実行には、サンフランシスコからも応援が来てくれるそうです。

今は実現するための資金2千3百万ドル(約18.5億円)を出してもらうように政府に掛け合っています。

着々と計画は進んでいるようで、すでに2車両がダニーデンの車庫に待機しています。

中はこんな感じで、乗り心地もよさそう。

ダニーデンのケーブルカー 内部

ダニーデンは、クルーズ船に乗った観光のお客さんがたくさん来られる観光地。

人気のある観光アトラクションになりそうです

ダニーデンのケーブルカー 正面

モーニントンには、芝生が広がりのんびりできる公園もあります。

ダニーデンのケーブルカーモーニントン

ケーブルカーがダニーデンに戻って来た時の映像

ダニーデンのケーブルカー 修復後

ケーブルカーは、それぞれの役目を果たした後にクライストチャーチなどに移動されました。

しかし、この度ダニーデンにそのうちの2台戻ってきています!

そのときの動画を載せておきますね。

Mornington111号

Roslyn 95号

ダニーデンのケーブルカーのまとめ

ダニーデン・モーニントンの公園

ケーブルカーの復活、まだまだ先は長いですが計画は着々と進んでいます。

  • サンフランシスコ
  • ダニーデンの小さな地区モーニントン

にしか存在しないケーブルカーの復活が今から楽しみです。

計画の進み具合は、こちらのウェブサイトでチェックできますよ

参考リンク>>>The Mornington Cable Car

コメント

タイトルとURLをコピーしました