ニュージーランドの出国カードが廃止に(2018年11月)

ニュージーランドの出国カードが廃止に
スポンサーリンク

楽しい海外旅行、でも

空港での入国や出国

って書類に記入したり、質問があったりして、ちょっとドキドキしませんか?

ニュージーランドではこのドキドキが、11月から1つ減ることになりました!

この記事ではニュージーランドの

出国カードの廃止

についてご紹介します。

ニュージーランドの出国カードはいつから無くなる?

ニュージーランド出国カード

出典:RNZ

ニュージーランドの出入国の際は

  • 入国カード
  • 出国カード

を記入して、提出することが義務づけられています。

この度そのうちの

出国カード

2018年11月中に廃止

になることが

移民大臣(Immigration Minister)のIain Lees-Galloway氏によって発表されました。

廃止になる詳しい日にちは発表されていませんが、ニュージーランドの本格的な観光シーズン前に無くなるのは良いことですね。

出国カードが廃止になった背景は?

ニュージーランドの出国カードは、1921年に導入されました。

そして97年後の今年、廃止が決定しました。

廃止になる2つの理由をご紹介しますね。

①旅行者の増加

昨年2017年には約650万枚の出国カードが記入されました。

旅行者が記入にかけた時間は

合計10万時間、これは12年間もの時間に相当します!

この紙と時間がいらなくなったら、みんなにとって大幅な節約ですよね。

②新しいシステムの導入

もともと出国カードは

旅行者の個人情報

旅行者の旅行の記録

の管理のために使われていました。

でも技術の進歩により、旅行者の個人情報や旅行の記録は、出国カードに頼らなくてもよくなり

現在出国カードの情報は

ニュージーランド統計局  

Statistics New Zealand

によって利用されています。しかし

「移住者や観光客の統計」を出すための新しいシステム

も確立したために、出国カードは不要となったわけです。

キティとジンジー

キティとジンジー
オーストラリアではすでに昨年2017年に、出国カードの廃止を行っているよ。

ニュージーランド出国カードの廃止、のまとめ

出国カードが11月に廃止になることによって

旅行者がよりスムーズに他の国へ出発できるようになります。

ただ、入国カードはこの先も提出が必要です。

移民の管理

ニュージーランドに危険を及ぼす生物や植物の持ち込みのリスク管理

をするために使っているということです。

また今度は

入国カードの記入方法

についてもブログでご紹介したいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダニーデンで発行される新聞オタゴデイリータイムズ

ダニーデンで発行される新聞【Otago Daily Times】は充実の内容

ニュージーランド夏時間

ニュージーランド、夏時間になって困る職業とは?

ダニーデンの桜が満開

ニュージーランドは桜が満開!

マオリ語週間

ニュージーランド今週は「マオリ語週間」

ダニーデンの循環式ケーブルカー

世界でも珍しい「循環式ケーブルカー」がダニーデンに数年後復活!

ニュージーランドの祝日ワイタンギデー

ワイタンギデーは1840年2月6日に結ばれた条約の記念日