【ニュージーランド基本情報まとめ】旅行に役立つ情報も紹介します

【ニュージーランド基本情報まとめ】旅行に役立つ情報も紹介しますNZ基本情報
この記事のまとめ

ニュージーランドにもうすぐ行くけど、どんな国あまり知らない…

 

日本から遠いNZ、なじみがなくて情報も少ないですよね。

 

そこでこのページでは、パッと見て概要がわかるように、場所・面積や人口、時差などニュージーランドの基本情報を表にしてまとめました。

 

そして入国手続きや服装・持ち物、電圧やプラグなど、渡航の際に知っておくと便利な情報をこのページに集めたので参考にしてください。

ニュージーランドの基本情報

ではさっそくニュージーランドの基本情報を表にまとめたので、ご覧ください。

項目のリンクをクリックすると、それぞれの詳しい説明にジャンプします😊

国名ニュージーランド
New Zealand
首都ウェリントン
Wellington
位置南太平洋の南西部、オーストラリアの南東
面積約27万1,000km²
(日本の約4分の3)
人口約511万人(2021年)
人種ヨーロッパ系・マオリ系・ポリネシア系・アジア系など多民族
公用語英語・マオリ語・手話
国歌’God Defend New Zealand’
「神よニュージーランドを守り給え」
産業酪農、観光業、農業、畜産、林業など
首相ジャシンダ・アーダーン
Jacinda Ardern
通貨ニュージーランド・ドル
季節・気候四季があるが日本と時期が真逆
天候が変わりやすいのが特徴
宗教無宗教・キリスト教・ヒンドゥー教・イスラム教など
国旗ロイヤルブルーにユニオンジャック
南十字星を表す4つの星
時差日本との時差は3時間
サマータイム中は4時間
国技ラグビー(ラグビーユニオン)

ニュージーランドの基本情報

国名

正式名称は英語で「ニュージーランド(New Zealand)

オランダ人の探検家エイベル・タスマンさんが島を発見し、当初「Nova Zeelandia(新しい海の土地)」と名付けられていました。

そのあと有名な船乗りジェームス・クックさんが1769年にやってきた際、英語で「New Zealand」と呼び始められることになります。

またマオリ語では「アオテアロア(Aotearoa)

その意味は、「長く白い雲のたなびく場所」

マオリ語の響きや意味、すてきだなぁと思いませんか?

マオリ語ってどんな言葉か興味のある方は、こちらの記事もご覧くださいね♪

関連記事>>>ニュージーランドの【マオリ語週間】って何?

↑表に戻る

人口

ニュージーランドの人口は、2021年3月、推定で511万6,300人に達しました。

面積は日本と比べて4分の3ほどなんですが、人口はとっても少ないですよね!

次の記事で、NZの人口について詳しくご紹介しています。

関連記事>>>【ニュージーランドの人口】2021年511万人到達!国・都市別や日本と比較のまとめ

↑表に戻る

国歌

ニュージーランドの国歌は1番がマオリ語、2番が英語で歌われます。

YouTubeにも動画がたくさんあるので、練習して歌えるようになるとキウイにびっくりされるかも!

ニュージーランド 国歌 「神よニュージーランドを守り給え」
(Aotearoa/God Defend New Zealand)
日本語訳/National Anthem of New Zealand

↑表に戻る

首相

ニュージーランドの現政権は労働党、率いるのはジャシンダ・アーダーンさん。

アーダーン首相について、次の記事でご紹介しています。

関連記事>>>【ジャシンダ・アーダーン首相】2017年ニュージーランドのトップに37歳で就任した労働党党首はどんな女性?

↑表に戻る

通貨

海外旅行の際、渡航先で使うのはどんなお金で、どうやって持っていくのかなど不安ではないでしょうか?

次の記事で、ニュージーランドの通貨や、旅行の際の両替方法などをまとめていますので、参考にしてください♫

関連記事>>>【ニュージーランドのお金】種類・お得な両替や持って行く方法のまとめ

↑表に戻る

宗教

移民の国、ニュージーランドにはいろいろな宗教が存在します。

ではいったい人々はどんな信仰を持っているのでしょうか?

現在の宗教に関してまとめたのでご覧ください。

関連記事>>>【ニュージーランドの宗教】最も信仰されている宗教は?1位は意外な結果に!

↑表に戻る

国旗

ニュージーランドの国旗ってどんなんだったっけ?

そんな疑問にお答えすべく、次の記事でニュージーランドの国旗の歴史を紹介しています。

よく間違われるオーストラリアの国旗との違いもご覧くださいね。

関連記事>>>【ニュージーランド国旗】意味やオーストラリアとの共通点・変更案の結果は?

↑表に戻る

時差

日本との時差は季節によって3時間か4時間と異なります。

そのわけはサマータイムがあるからです。

次の記事では、ニュージーランドで導入されているサマータイムや、日本との時差について紹介しています。

関連記事>>>ニュージーランドのサマータイムとは?期間はいつからいつまで?

↑表に戻る

国技

実は、ニュージーランドははっきりこれが国技!とは決まってないのですが、やっぱりラグビーがもっともさかんなスポーツです。

ラグビーのニュージーランド代表チームは、オールブラックス。

次の記事で最新のオールブラックスメンバーについてご紹介しています。

関連記事>>>オールブラックス2021年のメンバー発表!スコッド36選手のまとめ

↑目次に戻る

スポンサーリンク

ニュージーランド旅行に役立つ情報集

ニュージーランド旅行に役立つ情報集

知っておくと便利な旅行に役立つ情報もまとめましたので、参考にしてくださいね。

飛行機での所要時間

日本からニュージーランドまで、直行便なら約11時間です。

2021年7月現在、オークランドー成田直行便は週に1便運行されています。

↑目次に戻る

出入国手続き

まずビザに関して、最新の情報はニュージーランド移民局のサイトをチェックしてくださいね。

2021年現時点では、ニュージーランドに観光・商用などの目的で90日以内滞在する場合、ビザは必要ありません。

2021年7月現在、ニュージーランドへの入国は規制されています
参考:在ニュージーランド日本国大使館公式サイト

ただ、90日以内の滞在でも、2019年10月以降NZeTAの申請が必要になりました。

申請方法は次のサイトの説明がわかりやすいので、参考にしてください。

またニュージーランドは持ち込み品に関してとても厳しいので、最新の情報をチェックしておくことが大切です。

いよいよ飛行機に搭乗!

機内では入国カードが配られるので、表と裏に記入しておきましょう。

到着後まず入国審査があります。

入国審査が終わったらスーツケースなど預けた荷物を取ります

国内線の乗り継ぎがある場合でも、最初に降り立った空港で荷物を取ります。

そのあと税関・検疫に進みましょう

ニュージーランドは環境を守るため、持ち込み品が日本に比べて大変厳しいんです。

申告しなかった場合、没収だけでなく罰金が課せられることもあるんですよ。

入国審査カードには正直に持ち物の内容を申告しておきましょう。

↑目次に戻る

服装・持ち物

ニュージーランドは日本と季節が真逆です。

ですので、服装も日本を出るときとは反対になりますよ。

とはいっても、特に南島を訪れる場合は夏でもパーカーやジャケットが重宝!

なぜなら、日中は暖かくても朝晩は寒いことが多いからです。

また「1日の中に四季がある」といわれるほど、目まぐるしくお天気が変化することがあります。

そのため、簡単に脱ぎ着できるような重ね着がおすすめ。

また次のようなアイテムもあると便利ですよ。

  • 風を通さないレインジャケット
  • 紫外線が強いのでサングラス
  • 日焼け止め
  • 虫除け・虫刺されの薬

 

↑目次に戻る

電気製品

ニュージーランドに渡航する際、知っておきたいのが電圧とプラグのタイプです。

まずニュージーランドの電圧は日本と異なり、230/240V。

日本は110Vなので、日本よりかなり高電圧

持って来る予定の電気製品が240Vまで対応しているか、必ず確認しておきましょう。

もし対応していない場合は、変圧器が必要となります。

また電圧が高いためか、差し込みの横にはだいたいスイッチがあるのも特徴。

オフにした状態で抜き差しし、コンセントが入った状態でオンにすると安全です。

そしてプラグ(コンセント)のタイプも日本とは異なり、上部にハの字のようなふたつの穴、下にまっすぐなひとつの穴があるOタイプ

差し込みは3つ穴があるのですが、実際に使うのは上のふたつだけで大丈夫!

変換アダプターが必要になるので、日本出発前に次のような2個〜ほど用意しておくのがおすすめです。

↑目次に戻る

まとめ

ニュージーランドの基本情報まとめ

この記事では、ニュージーランドの基本情報や、旅行に役立つ情報をまとめてご紹介しました。

ニュージーランドに渡航の際はぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました