ダニーデンってどんな町?

ニュージーランドの南島にあるダニーデンについて

ダニーデンの桜

私は2014年の10月の末に、11年住んだクイーンズタウンからダニーデンに引っ越してきました。

ダニーデンの印象は

自然の豊かな美しい町!

ダニーデンのいいところは、町の中心から15分も車で走ると

セントクレアビーチ

イエローアイペンギン、オットセイ、アルバトロスがいる海岸があり

また羊が沢山の牧場地があり

都市の生活と田舎の雰囲気が両方楽しめる

ところではないかと思います。

夏のセントクレアビーチダニーデン

夏のセントクレアビーチ

 

また中国からの移民や海外からの学生も多く国際色豊かで、日本人の私も「大変住みやすいなぁ」と感じます。

そしてダニーデンに住んでいる人はニュージーランドの中でも

自分は幸せだ

と感じている人が多いらしくて、のんびり、素朴で親切な人が多いです。

私もダニーデンに来てから、ゆったり過ごすことが多くなった気がします。

このブログではそんな魅力いっぱいのダニーデンについてご紹介します!

ダニーデンってどんな町?

ダニーデンロゴ

ダニーデン(Dunedin)は、南島の東海岸に面した、美しい丘と湾に囲まれた町です。

ダニーデンの人口や面積は?

ダニーデン セント ジョセフ大聖堂 正面

セント・ジョセフ・大聖堂

 

ダニーデンの人口は約13万人です。

  • ニュージーランドでは7番目に多く
  • 南島では、クライストチャーチについで2番目の多さです。

ダニーデンの人口のうち、学生が2万5千人です。

キティとジンジー

キティとジンジー
ダニーデンの人の約20パーセントが学生なんだね。
ニュージーランドの地図

市の面積は、ニュージーランドでは

  • オークランドについて2番目に広く3300平方キロメートル
  • 世界の中でも、5番目に面積が大きな市です。

実際車でダニーデンに向かってくると、辺り一面牧場地で誰も人がいない場所に

ようこそダニーデンへ

の看板があります。

そして走っても走っても全然町は見えてこず、看板から約20分~30分くらいして、ようやく町らしくなってきます。

なので市の面積はとても広いですが、人が住んでいる範囲はかなり中心に限られています。

東京と面積と人口を比べてみると

東京の面積は約2100平方キロメートル

人口は1300万人です。

ダニーデンは

面積は東京よりもずっと大きい、約3300平方キロメートル

人口はなんと東京の約100分の1、たったの12万人です。

面積は広いのに人口はとっても少ない、人口密度のたいへん低い都市の一つでしょう。

ダニーデンはスコットランドの面影を持つ町

ダニーデンタウンホール

ダニーデンタウンホール(市庁舎)

 

クライストチャーチはイングランドからの移民が多い町です。

それに比べて、ダニーデンはスコットランドからの移民が多い町です。

ダニーデンは現在でもスコットランドの雰囲気が楽しめる町で、古くて美しい建築物が多いことで有名です。

関連記事>>>【セント・ポール・カテドラル(大聖堂)】はダニーデンの町の中心にある荘厳な教会

また

  • 急な坂
  • 自然の港

のある町で、地形が大変似ている小樽と姉妹都市で、都市間の交流がもたれています。

ダニーデン植物園 小樽庭園中

ダニーデン植物園の小樽庭園

 

ダニーデンの天候や温度は?

ダニーデンのビンテージバス

ダニーデンのビンテージバス

 

  • 年間の降水量は

約800mm

  • 夏場の平均温度は

15度くらい

  • 冬の平均温度は

8度くらいです。

雪はあまり降りませんが、天候は

一日のうちに四季がある

といわれるほど変化が激しいです。

ダニーデン セントクレアビーチ 美しい遊歩道

セントクレアビーチ 美しい遊歩道

 

夏でも時々

  • 朝は厚手のダウンジャケットが必要なほど寒く
  • 昼間はTシャツでも暑いくらい
  • 夜はまた厚手のジャケットが必要と

旅行で来られた方は、めまぐるしく変わる気温に大変驚かれます。

一日の間で温度の変化が大きいのはダニーデンだけではなく、以前に住んでいたクイーンズタウンでも同じでした。

南島に観光にこられる際は、夏でも

  • 脱ぎ着しやすい重ね着スタイルで、
  • 暖かいジャケットも(荷物でなければ)

ぜひ持ってこられることをおすすめします!

「この天候のせいでダニーデンは美しい町なのに人口が少ないのかな!?」

とも思います。

でも慣れてしまえば大丈夫です、冬でも雪が降ることはほとんどありません。

ダニーデンには美しい建築物がたくさん

ファースト教会 尖塔が美しい

ファースト教会

 

ダニーデンは1848年にスコットランドからの移民がやってきて町をつくりました。

その後1960年代にゴールドラッシュがおこり、

ダニーデンはこの金のおかげでニュージーランド国内で最も大きく豊かな町へと発展しました。

この時代を象徴する豪華な

  • ヨーロッパのビクトリア朝様式
  • エドワード朝様式

の建物が現在でも多数残っています。

その中でも1906年に完成した

  • ダニーデン鉄道駅

は豪華な装飾が施されたフレミッシュ・ルネッサンス様式の見事な建築物として有名です。

現在ニュージーランドで、最も写真に撮られる歴史的な建築物です。

ダニーデン鉄道駅

ダニーデン鉄道駅

 

関連記事>>>ゴールドラッシュ時代の象徴、豪華な建築ダニーデン鉄道駅

町の中心に程近い場所にキャンパスがある

  • オタゴ大学

は1869年創立され、その中の時計台の建物は美しいものです。

オタゴ大学 時計台近くから

オタゴ大学 時計台のある校舎

 

オタゴ大学はニュージーランドで、最も歴史の古い高等教育機関です。

関連記事>>>【オタゴ大学】はニュージーランドで一番古い大学

ダニーデンのラグビーとビール

ダニーデンのフォーサイスバースタジアムでラグビー観戦

ビールとラグビーを愛するニュージーランド人ですが、ダニーデンには

  • スペイツ(Speight’s)
  • エマソンズ(Emersons)

という地ビールの工場があります。

ダニーデンのスぺイツ醸造所  湧き水

どちらも工場見学ができ、美味しい料理が楽しめるレストランも併設されています。

関連記事>>>ダニーデンの地ビール【Speight’s(スパイツ)】醸造所で食事やツアーを楽しもう

最近できたラグビースタジアム

  • フォーサイスバースタジアム                     Forsyth Barr Stadium

では地元のチームハイランダーズ(Highlanders)が試合を行い、

田中史朗選手も、近年までプロとして活躍していました。

ダニーデンでのオールブラックス戦

ダニーデンでのオールブラックス戦

 

関連記事>>>オールブラックスがダニーデンにやって来た!6月23日ニュージーランド対フランス戦

ダニーデンのアートそしてカフェ文化

ダニーデンストリートアート 8 Vogle Street

現在のダニーデンはアートの町としても知られています。

町のあちらこちらに

ストリートアート

と呼ばれる壁画をたくさん見ることができます。

世界各地からやって来たアーティストが描いた大小さまざまな大きさの、異なったテイストの作品を楽しんでください。

関連ページ>>>ストリートアートの一覧

そしてダニーデンには数えきれないほどのカフェがありますよ。

関連ページ>>>カフェの一覧

ダニーデンのカフェOcho 入り口から見たところ

コーヒー好きな方なら、是非色々なお店で

フラットホワイト

と呼ばれるエスプレッソに泡立てられたミルクが入ったコーヒーを試して、お気に入りを見つけてくださいね。

関連記事>>>【Vogel Street Kitchen】は赤レンガの素敵なレストラン・カフェ

ダニーデンの歴史

ダニーデンの美しい建築物 パブ

この地に初めてやってきたのは、原住民のマオリの人々です。

そして有名な船乗りキャプテン・ジェームスクック1770年にこのあたりを航海した記録が残っています。

その約20年後にはアザラシやクジラとりの漁師がやって来ますが、本格的に移民がやって来るのは1848年のことです。

その1848年スコットランドの自由教会の人々が、この地に町を作ろうとやってきます。

関連記事>>>そびえ立つ尖塔が美しい【ファースト教会】

彼らは町の名前をスコットランドの

ゲール語で「エディンバラ」を意味する

ダニーデン

と名づけました。

そして2年後の1850年代には約1万2千人の移民がダニーデンに来て、にぎわいのある町となりました。

そして大きな転機は、1860年代初頭に起きます。

ダニーデン近くから沢山の金が発見され、ゴールドラッシュが始まったんです。

世界各地から金堀達が「一攫千金」を狙って、この地にどっと押し寄せてきました。

中国からの金堀りもたくさんやってきました。

ダニーデンはこの金のおかげで

ニュージーランド国内で最も大きく豊かな町

へと発展したそうです。

ダニーデンの詳しい歴史はセトラーズ博物館で知ることができますよ。

トイトゥ・オタゴ・セトラーズ・ミュージアム 外観

関連記事>>>【Toitu Otago Settlers Museum(トイトゥ・オタゴ・セトラーズ博物館)】でダニーデンの人の歴史に触れよう

一気に裕福になったダニーデンは、短い期間で

  • 各種産業、運輸、商業

に巨額の投資を行い、町にはヨーロッパの影響を受けた

ビクトリア朝様式

エドワード朝様式

の商業ビルや公共ビルが多く建築されました。

これらの建築物のほとんどは幸いにも壊されることなく、保存されています。

そのためダニーデンは

素晴らしいビクトリア朝と、エドワード朝建築物が南半球で一番多くある町

として知られています。

しかしその後、金もほとんど見つからなくなり、経済は残念ながらその後衰退していきます。

現在の主要な産業は教育で、オタゴ大学の医学部は世界的にも有名です。

ダニーデンの豊かな自然

ダニーデンセントクレアビーチのオットセイ

ダニーデンセントクレアビーチのオットセイ

 

ダニーデンは町の生活が充実している上に、自然も大変豊かです。

  • イエローアイペンギン

世界で最も珍しい種類のペンギン

  • ブルーペンギン
  • ニュージーランドファーシールというオットセイ
  • アザラシ
  • ロイヤルアルバトロス

羽を広げると3mもあるアホウドリ

が生息しています。

また植物園では広大な敷地で四季折々の草花が楽しめます。

関連記事>>>早春の【Dunedin Botanic Garden(ダニーデン植物園)】

こんな魅力たっぷりのダニーデンの町。

ニュージーランドにご旅行の際は、ぜひ一泊でも訪ずれてみてくださいね。

このブログでご紹介する観光スポット情報が、あなたのご旅行のお役に立てれば幸いです。