DIYペンキ塗りや壁紙のことはおまかせ!Resen リジーンペイントショップ

Reseneダニーデン

ニュージーランドでは部屋は自分で塗り替えるのが常識!?

ニュージーランドに来て驚いたことはたくさんありますが、その中の一つが「自分の家の改装はできるだけ自分でする」という習慣です。

日本だったら壁紙やクロスが傷んできたら業者さんに頼むのが普通ですよね、最近ではホームセンターもすごく充実していてDIYでする人も増えてきているのでしょうか?

私の住んでいるダニーデンでは周りの人はほぼ100%、部屋のペンキ塗りぐらいだったら自分たちでやってしまいます。

今回私たちもリビングルームを黄色の壁から真っ白にしようということで、さっそくペイントショップに行ってきました。

ペイント専門ショップはちょっと珍しいかな、と思い写真をとってきましたのでよかったらご覧ください!

ペンキ塗りといったらResene

ニュージーランドにはペンキの会社がたくさんありますが、一番有名なのはReseneではないかと思います。

ダニーデンでもペイントの専門店で独立したお店はこのReseneのみで、町の中心から車で5分ほどのところにあります。

Resene受付

入った正面には大きな受付があります。土曜日の朝早かったのでまだお客さんもいませんでした。

Reseneカラーチャート

受付の反対側には色の見本が壁一面にあります。

今回は壁を白にしようと思っているのですが、白系だけでも数十種類もあって迷います!

色には一つ一つに違った個性的な名前がつけられています。私たちが決めたのは「Sea Fog(海にかかる霧)」という名前です。(実際にはHalf Sea Fogといって、色の配合によって、「ハーフ(半分)とか「クオーター(4分の1)」とかが名前の前につきます)

Reseneテストポッツ

もし迷って色が決められなかったり、何色か試したい時は「テストポット」という小さな試し塗り用のサイズを買うことができます。

私たちも前もって、濃さの違う白を3色ほど試し塗りしてSea Fogに決めました。

Reseneペイント用品売り場

ペイントの色が決まったら、ペイントブラシやマスキングテープなどのペイントに必要なものを買います。

Reseneでもこのように売っているのですが、品ぞろえの豊富な巨大ホームセンターMitre 10 Mega(マイター10メガ)がすぐ近くにあるのでそちらで買うことにしました。

マイター10メガについてはまた別の記事でご紹介しますね。

Resene壁紙売り場

10リットルのペイントを配合してもらっている間に店内をブラブラしてみました。

こちらは壁紙コーナーです。個性的な壁紙がたくさん!最近は部屋の中の一面の壁だけを特徴のある壁紙にするのが流行っています。

Resene壁紙コーナー

きれいな壁紙がたくさん!家の改装がしたくなります(*^^*)

Reseneシックな壁紙

こちらは高級感漂う壁紙の数々です。

Resene木のペイント

壁だけじゃなくて、木だって塗っちゃいますよ!こちらは室内の木のペイントや艶出し剤の見本です。

Resene外の木のペイント

お父さんたちは家の外のデッキぐらいなら週末に塗ってしまいます。

Resene家の色の見本時間があれば外の壁や屋根だって塗りますよ!かわいいミニチュアの家がたくさん、色の見本でしょうか。

Resene展示コーナー

展示コーナーには海をモチーフにしたアート作品が飾られていました。

Resene椅子の展示

個性的な椅子の数々、座るのがもったいなくて飾っておきたいですね。

ペンギンの椅子がありますが、ダニーデンでは野生のペンギンが見られるんですよ、いつか是非ご紹介したいと思います。

店内を見ているうちに私たちのペイントが出来上がったので、さっそく持ち帰ってペンキ塗りを始めました!

リビングルームが週末2日でどのようになったかまたご報告したいと思います(*^^*)

今回はペイント専門店、Reseneをご紹介しました!

Reseneダニーデン店

住所: 172 Crawford St, Dunedin

電話: +64- 3-477 6566

ホームページ: http://www.resene.co.nz/

関連記事

Mitre10Megaダニーデン

ニュージーランドのホームセンターといえばマイターテン(Mitre10)