抜群の存在感!ダニーデン市庁舎

ダニーデンタウンホール

オクタゴにあるダニーデン市庁舎

ダニーデンの町の中心の顔ともいえるダニーデン市庁舎はオクタゴンにあります。

中には3000人まで収容できるニュージーランドで一番大きな講堂も含まれ、オタゴ大学の卒業式など様々なイベントに利用されています。

ダニーデンはニュージーランドで初めて制定された「市」

初めてスコットランドからの移民たちがこの地方にやってきてダニーデンと名付けたのは1848年のことです。

その後1861年から1864年にオタゴ地方で起きたゴールドラッシュによって、ダニーデンの人口は爆発的に増加し、ダニーデンはニュージーランドの経済の中心地となりました。

そしてダニーデンは1865年にニュージーランドで初めての「市」として制定されます。

人口も急激に増えたため、市は新しい市庁舎を建設しようと計画します。

それからデザインコンペなどが行われ、ダニーデン市庁舎はまず第1期の工事として1878年から1880年の2年をかけて建てられました。

オクタゴンから見える最初にできた正面の建物は主に3階建てで、地元のチャーマーズ港の岩や、ダニーデンの北にある町オアマルの白っぽい石灰岩が使われています。

ダニーデン市庁舎

ダニーデン市庁舎の時計台

 

その上にはさらに時計台やベルがあります。時計台のあるタワーの高さは47メートルです。

その後50年たった1928年から1930年の2年間の2期工事には3000人が収容できる講堂も建てられ、この講堂は現在でもニュージーランドで一番大きなものです。

この講堂には「ノーマ」と名づけられた1919年に設置されたオルガンが今だ活躍しています。

クラシックコンサートやオタゴ大学の卒業式などフォーマルな行事に利用されることが多いです、講堂の入り口の左手にはメトロシネマという映画館も併設されています。

ヨーロッパの影響を受けた建築様式

ダニーデン市庁舎の建築様式はヨーロッパの影響を多大に受けたもので、ローマや、オランダ、ベルギーなどの建物の雰囲気もミックスされているそうです。

これだけ豪華な建物を建設するのには当時莫大な費用がかかったんだろうなぁ、と前を通る度に思います。

近いところでは1860年代に設計されたシドニーの市役所や、1871年に工事が始まったもっと大きなアメリカのフィラデルフィアの市役所も同じ頃に建てられ、大きさなどは違いますが雰囲気が似ています。

シドニー市庁舎

シドニー市庁舎、雰囲気が似ていますでしょうか?

 

フィラデルフィア市庁舎

こちらはフィラデルフィア市庁舎、規模は大きいですが、雰囲気は近いものがありますね。

 

町の中心のオクタゴンに位置する存在感抜群のダニーデン市庁舎、ダニーデンに来られたら必ず目にされると思います。

ゴールドラッシュを受けて裕福になったダニーデンの町がその潤沢な予算で建てた贅沢な市庁舎を是非お写真におさめて下さいね!

関連記事

セントポール大聖堂

セントポール大聖堂

ダニーデン鉄道駅

ゴールドラッシュ時代の象徴、豪華な建築ダニーデン鉄道駅

チャーマーズ港

世界のクルーズ船の離発着地、チャーマーズ港

夜のダニーデンのファースト教会

そびえ立つ尖塔が美しいファースト教会

ダニーデンラーナック城

豪華な建物と悲しい歴史、ラーナック城

ニックボールドウィンストリートにて

住んでいる人は足腰が鍛えられる!? ボールドウィンストリート